一人一人が輝く社会に 2期目当選へ全力

参院選にダッシュ! 吉良よし子参院議員

「痛みによりそい、声をとどける」─夏の参院選で、日本共産党の吉良よし子参院議員が、東京選挙区から2期目の当選を目指します。国会論戦の最前線に立ち、連休中も都内各地を駆けめぐる、吉良さんの活躍を追いました。 (東京民報2019年5月12日号掲載)

「政治を変えるのは、国民、労働者の声です。力を合わせ、まっとうに暮らせる社会を」─1日に開かれた三多摩メーデーで、来賓あいさつに立った吉良さんは呼びかけました。

 「一人ひとりの声こそが政治を動かす」ことは、6年間の国会での活動の実感でもあるといいます。4月28日に民青(民主青年同盟)都委員会が開いた新入生歓迎企画・インカレ春フェスタでは、「国会で発見したことは」という学生の質問に、「あきらめずに声をあげれば、政治を動かすことができる。そういう現場を何度も見てきました」と振り返りました。

レインボープライドのパレードに参加した吉良よし子さん=4月28日、渋谷区

 なかでも、「心を動かされた」と話したのが、過労死防止対策基本法の成立(2014年)へと国会を動かした過労死遺族の活動です。

 「過労死遺族の人たちは、『なぜ、あの時に仕事に行くのを止めなかったのか』と絶望を抱えている。それでも、企業は『勝手に働いていた』と過労を認めない。そういう苦しみを乗り越え、過労死認定を求めてたたかうなかで、『この苦しみを味わうのは私たちだけでたくさん』だと、『過労死を考える家族の会』を立ち上げて、国会議員の部屋を一つひとつ回り、過労死を防止する法律の制定を求めた」

 6年前の参院選で「ブラック企業ノー」を掲げて当選した吉良さんの控室にも、遺族の人たちは何度も何度も訪ねてきて、法律制定へ力をあわせようと誓い合いました。

 「この遺族のみなさんの活動があったから、法律は、全会一致で成立した。市民の声が法律をも作るんだと感動しました。声をあげたら必ず、一緒にあげてくれる人がいる。あきらめないで取り組んでこそ、政治や社会は変わります」─吉良さんは学生に呼びかけました。

国民と政治動かす

 参院選に向けた吉良さんの事務所開き(2月)で、小池晃共産党書記局長(参院議員)は、「心からの怒りを込めた吉良さんの論戦は、現実政治を動かす力です」とあいさつしました。

 現実政治を動かした吉良さんの論戦の一つが、ブラック企業の企業名公表です。

 2015年2月の決算委員会で、安倍首相に直接、企業名の公表を迫りました。外食チェーン「すき家」が2年間に104件もの是正勧告を受けていた事実を突きつけ企業名公表の必要性を迫る吉良さんに、安倍首相は「当該企業は、相当悪質」と答弁。直後に、厚労省は企業名公表の制度をつくることを決めました。

 吉良さんは今、各地の街頭演説で「(インターネットで)『厚労省 ブラック企業 書類送検』と検索してみてください」と訴えています。

 検索すると厚労省のホームページが表示され、労働基準法などに違反して書類送検された事例と企業名を一覧で見ることができます。裁量労働制で過労自殺や労災認定が相次いでいた三菱電機は、この企業名公表を恐れて、裁量労働制を全廃したと報じられています。

 国民一人ひとりの個性豊かな生き方を押しつぶす「ブラックな政治、社会」との対決は、国会論戦でも貫いています。現在、所属する文教科学委員会では、髪の毛が生まれながらに茶色い子どもに黒染めを強要するなどのブラック校則の追及が話題を呼びました。

 4月23日の同委員会では、政府の「高等教育無償化」関連法案で、支援の対象がごく一部に限られ、「無償化」とはかけ離れたものであることを追及。柴山昌彦文科相に、法案には「無償化という表現を用いていない」と認めさせました。

 吉良さんは「奨学金の返還が重しになって、ブラック企業を辞められず、過労自殺につながったという人もいます。重すぎる奨学金の負担が、ブラック企業が蔓延する原因にもなっている。学費の値下げなど、まっとうな学生の支援をしてこそ、学生や若者が豊かに学び、働けるようになる」と話します。

関連記事

最近の記事

  1.  「公式の帳簿に記載しない自由に使えるように不正に蓄えた金銭」▼広辞苑による「裏金」の説明だといい…
  2.  バイオリニストの松野迅さんが、4月27日(土)にけやきホール(渋谷区上原、午後2時開演)でコンサ…
  3. つどいに参加した各党の国会議員、都議ら=7日、国分寺市  多摩地域を中心に都内各地に広がる有…
  4. 街頭宣伝に立つ太田区議  昨年の区議選でセバタ勇前区議から議席を引き継ぎ、およそ1年が経ちま…
  5. 街頭で訴える和氣区議  「戦争のない世界 分断より支え合う社会へ」と掲げ、「あらゆる人の参加…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る