「少人数学級は緊急課題」 日本共産党都委 文科省に迫る〈11月1日号より〉

 日本共産党都委員会は10月22日、教育関係者、保護者らとともに、少人数学級の検討状況について文部科学省から聞き取りを行い、実現に踏み出すよう求めました。笠井亮、宮本徹両衆院議員、都議、地方議員らが参加しました。

 文科省の担当者は、来年度の予算概算要求で、「少人数学級によるきめ細やかな指導体制の計画的な整備」を、予算額を明示しない「事項要求」していると説明しました。

 笠井亮衆院議員は、「コロナの感染拡大のなかで、学校での『密』が大きな問題になっている。少人数学級は、長年、関係者が求めてきた課題だが、今こそ、実現が待ったなしの状況になっている」と強調しました。

 日野市の保護者は、「コロナ禍のもと、子どもたちの疲れが顕著で、休みがちになっている子もいる。子どもの命にかかわることとして、緊急の課題として取り組んでほしい」と求めました。

少人数学級実現を求める声が相次いだ聞き取り=10月22日、千代田区

 中学校の元教員で子ども食堂を開く女性は、「一人ひとりの子どもが今、強い閉塞感を抱えている。それを受けとめるのが、大人の責任だ。教育現場に任せるのではなく、文科省が自ら学校の実態をつかみ、対策をとってほしい」と発言しました。

学級編成標準の引下げこそ

 来年度予算の事項要求では、1学級40人という「学級編成の標準」の「引き下げを含め」検討するとしています。

 曽根はじめ都議は「日本の学級編成の基準は、30数年間、40人学級でとどまっている。都内では小学校1~2年生が35人学級でも、3年生になると40人学級になり、授業が大変になる。今回、文科省が初めて、引き下げを含めて検討としたことを、本気になって実現してほしい」と語りました。

 聞き取りの終了後、各地の少人数学級実現を求める運動を交流。コロナ感染拡大を防ぐ必要などから、各地方議会の自民党、公明党からも、少人数学級の必要性を求める声が出ていることが発言されました。

 また、「超党派の議員と親たちの教育カフェを開き、懇談している。少人数学級についても学習会を予定している」(武蔵野市)、「少人数学級について懇談する学校訪問を始めたい」(大田区)などの取り組みも交流しました。

(東京民報2020年11月1日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  東京都が防災性の向上を名目に、2025年度までに全線整備を狙う都市計画道路「特定整備路線」(28…
  2.  今年1月に羽田空港で起きたJAL機と海上保安庁機の衝突事故では、機体が炎上し全損となる中で乗客を…
  3.  西武池袋線石神井公園駅南口西地区で進められている再開発事業(練馬区石神井町3丁目地内)をめぐり、…
  4. 多くの宗教者が集まった意見交換会=16日、千代田区  仏教、キリスト教、神道などの宗教者で構…
  5.  日本共産党都委員会は15日、金権腐敗政治の一掃を求める国会請願署名の提出行動に取り組みました。企…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る