都議選・選択 東京外環道建設

自・公都ファ 事故後も早期再開 共産党「即刻、工事断念を」

 2020年10月、調布市の閑静な住宅街の道路で突然陥没事故が起き、続いて巨大な地下空洞が相次いで3カ所発見されるという、住民を震撼させる異常事態が起きました。原因は地下40㍍以深を掘り進む東京外かく環状道路(外環道)のトンネル工事でした。国やネクスコ東日本が推進し、当初1兆2800億円としていた事業費は、2兆3500億円に膨らんでいます。東京都も莫大な税金を投入してきました。

 事故が起きたのは、外環道大泉ジャンクション(練馬区)と東名高速道路(世田谷区)を結ぶ区間約16㌔㍍をトンネルでつなぐ工事の最中で、地上に住む住民らは、それまで何度も振動やそれに伴う家屋の被害、猛毒の酸欠空気の漏出などを国と事業者に訴えていました。しかし国などは地下深く掘り進む工事なので影響はないとして、取り合いませんでした。

 小池知事も議会で問われても「国などから安全が損なわれるような事態は発生していないと聞いている」と、国と事業者の説明をうのみにするだけで、外環道工事をひたすら推進してきました。

 ところが事故は起きたのです。事故現場周辺の人たちは、住まいの安全が脅かされ、資産価値を損なわれ、人生設計が立たず、途方に暮れています。現場周辺だけではなく、練馬、杉並、武蔵野、三鷹、調布、狛江、世田谷の外環道工事沿線の多くの住民が不安と恐怖を感じています。

 都には国と一体で外環道を推進してきた責任があります。ところが知事は、先の都議会定例会の所信表明で、事故に一言も触れませんでした。それどころか、陥没事故後に提出した国の予算編成に対する都の提案要求では、外環道事業の促進と東名高速以南の事業着手まで求めています。

 都議会の各会派は、この問題に、どういう姿勢で臨んできたのでしょうか。

 日本共産党は不要不急の大型開発で、税金の無駄遣いだとして一貫して反対してきました。住民からの振動や酸欠空気の漏出などへの不安の声を受け、現場を調査。専門家の意見も聞き工事の安全性に重大な疑問が生じていると指摘。徹底した調査や、工事の中止を繰り返し求めました。

 事故後はネクスコ東日本によるずさんな調査や施工、情報隠し、住民との集団交渉にかたくなに応じない姿勢など、事業認可条件を満たしていないと指摘。都に対し外環道計画の「即刻断念」とともに、事業の認可延長を承認しないよう小池知事に求めています。

 一方、自民党、公明党は歴代都政とともに外環道工事を推進。都民ファーストの会も推進の立場で一致しています。陥没事故後も、「安全安心に十分配慮」(自民党)、「原因の究明」(公明党)は口にするものの、3会派とも早期の工事再開、推進を小池知事に求めています。

【東京民報2021年4月25日号より】

関連記事

最近の記事

  1. 都議会開会 来年度予算案を審議  東京都の2024年度予算案(一般会計8兆4530億円)を審…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 給食無償化 多摩・島しょにも広がる 10市1町1村が無償化 …
  3. 政策委員長としての会見で=9日、国会内  日本共産党の第29回党大会で新たに政策委員長を担う…
  4.  3年間で17種類、計2万7700冊、約3470万円分▼自民党の二階俊博元幹事長が公表した、自身の…
  5.  大田区と東京都が進める新空港線(蒲蒲線)計画をめぐって、区民らが着工見合わせを求めて「署名をすす…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る