【書評】あの世の境の人の迷いも『ボーダレス・ケアラー 生きてても、生きてなくてもお世話します』山本悦子 著〈2021年8月22日号より〉

 夏休みになると小中学生向けに課題図書などが紹介されます。そんな中から児童文学を何冊か読むのが、私なりの夏休み。そのうちの一冊です。

 大学生になった初めての夏休み、海斗は認知症の症状が出始めた祖母の「見守り」を頼まれた。祖母は豆蔵という柴犬を飼っていて朝夕散歩に行く。「えっ、豆蔵は死んだんじゃないの?」母に問うと「いいから、いいから」と。祖母はだらりとしたリードを持つと歩き始めた。海斗が「ぼくが持つよ」とリードを手にした時、見えないはずの豆蔵の尻尾が揺れている!「何だ、これは?」リードを持つと確かに死んだはずの豆蔵が見えるのだ。そして不思議なことが次々と起る。自転車が猛スピードで走り去って行った。あいつ、高2の時、事故で死んだ浩介じゃないのか?

 近くのマンションの駐車場に来ると、セーラー服の女の子が立っていた。目で合図をすると「見えるんだ、私のこと。見つけた、話のできる人」。ゾクっとしてリードを離すと女の子は消えた。

 海斗はリードを握ることによってあの世とこの世のボーダーに立った。そして、未だあの世に行ききれない人たちに出会った。思い残すことや未練があってあの世に行けない人たち。どうすればあの世に行ける?でも、そもそも行きたいのか? 自転車で疾走する浩介、横断歩道で登校をためらう子どもたちの背中をそっと後押しする「イットイデン」のおじさん、そして女の子。あの子は駐車場で両手を掲げて何かを受け取るように立っていた。あそこで転落事故があったらしい。あの子と関係あるのだろうか。

 海斗は祖母の見守りをする、いわゆるヤングケアラーだと思っている。ならばボーダーにいる人たちの迷いを解いてお世話するのもケアラーではないか。さしずめボーダレス・ケアラーだ。海斗の忙しい夏が始まった。

 先祖の霊が帰ってくるというお盆に相応しい、不思議で優しいお話です。また、死者の未練を解き明かす謎解きのスリルもあります。(元図書館員・なかしまのぶこ)

(東京民報2021年8月22日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  能登半島地震の発生から4カ月余りが過ぎました▼被災地には、震災直後のままのような光景も残ります。…
  2. 多くの市民が見守るなか行われた除幕式= 7 日、府中市
     世界で武力紛争が相次ぎ、憲法改悪の動きが緊迫する中、全国で37カ所目、都内2カ所目となる…
  3. 未来塾で語り合う吉良、山添両氏と参加者=11日、都内  日本共産党の吉良よし子、山添拓両参院…
  4.  日本共産党は11日、池袋駅で衆院選の東京の予定候補が勢ぞろいする街頭演説会を開きました。田村智子…
  5.  全国労働組合総連合(全労連)は4月に、アメリカ・シカゴで開かれた労働運動の交流会議「レイバーノー…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る