賃金底上げと困窮対策急げ 東京地評 コロナ支援でアンケート

 コロナ禍の影響が1年半以上も長引き、非正規労働者や女性、ひとり親世帯、若者、外国人など弱者とされる世帯については、生活さえままならない困窮状態に置かれていることも珍しくありません。東京地方労働組合評議会(東京地評)は、東京民主医療機関連合、東京社会保障推進協議会らと一緒に支援活動を行うとともに「くらしと健康アンケート」を実施しました。支援活動の特徴と、アンケートから見える実態などについて紹介します。

3割が「医療あきらめた」

「実態は想像以上に深刻、行政の対応も不十分では」と話す東京地評の伊藤さん(左)、鎌田さん(右)

 各地でフードパントリー(食品の無償配布)や相談会などを様々な団体が展開する中で、昨年12月23日、豊島区で東京地評らが行った「コロナに負けない!食料×生活支援プロジェクト」の取り組みは「多角的に生活困窮者の支援をする」ことから注目を集め、NHKやTBSなどの報道番組でも注目されました。東京地評事務所付近の豊島区・文京区在住、在勤者のみならず、23区東部や多摩地域、埼玉県南部などからも253人の参加がありました。

 また労働組合(労組)が労働者だけに留まらず困窮者の支援を行うことは画期的で、取り組みは地域での労組の活動や存在を知ってもらうことにつながりました。

 東京地評で担当した鎌田建さんは「この取り組みは〝困窮者に対する施し〞ではなく、普通の人に覆いかぶさる困難に対応するもの」と強調します。実際、訪れたシングルマザーは「行政の支援より助かる」と語ります。

 渡した支援物資は食料の他、寄付やカンパでまかなった生活物資。中でも学用品や生理用品が準備されたことは新しく、来場者の7割を占めた女性にとって、より助かったと言います。女性のみが入室できる〝女性・子どもスペース〞では、シングルマザー同士が励まし合う場面も見られ、2008年に起こったリーマンショック時の年越し派遣村が男性の派遣労働者が中心だったのとは違う光景です。コロナ禍では一見、貧困に見えない人の生活が破壊されていることが見て取れ、支援も多様性を視野に入れています。

 続いて今年3月30日に行われた第2回目では324人が来場し、9割が女性で全体の6割が20歳未満の子どもがあるひとり親世帯。さらに全体の7割が20〜49歳の働き盛りであり、勤務中の保護者に代わり中高生5人が受け取りに参加したケースもありました。

正規雇用でも困窮が

 2回目の来場者を中心にアンケートを実施したところ、「生活困窮は不安定就労者などに集中的に表れるとともに、正規雇用労働者にも迫り始めている」ということが明らかになっています(グラフ)。

 また、この1年間で家賃やクレジットカードなどの生活費の支払いに困った経験のある人は6割超、17%が年6回以上経験していることが明らかになりました。

 医療費の支払いに不安を感じたことのある人は39%、この1年間に経済的理由で医療をあきらめた経験がある人が33%にのぼっているといいます。

 東京地評が調査をもとに試算した月の最低生計費24万6千円以下で働いている人は来場者の77%だといいます。「残業代込みで生活を成り立たせているのに、コロナ禍で減額になっています。労働者の賃金が低く抑えられていることの現れであり、最低賃金の大幅引き上げには猶予がない」と東京地評の伊藤暁さんは訴えます。

 さらに鎌田さんは「並んでいる人の中に報道のカメラを気にしている人がいます。フードバンクに参加していることを知られたくないと言う人もいて想像以上に深刻で十分な配慮が必要です。困った時はお互い様を合言葉にしました」と語ります。

 伊藤さんは「10 月から東京の最低賃金は時給1041円に上がりますが、それでも全く足りません。8時間働いて生活できるには時給1600円が最低必要ですから、幅広い運動が必要です。そのための小規模中小事業者支援策も強く求めていきます」と主張します。

 コロナ禍にあえぐ生活者と日本の企業の9割を占める小規模、中小事業者に十分な支援が行き渡るよう、「臨時国会を開会し早急な対策をして欲しい」との声が都民から上がっています。

〈2021年8月29日号より〉

関連記事

最近の記事

  1. 介護保険料 全国平均過去最高に  厚生労働省は2024~26年度の65歳以上の介護保険料(月…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 PFAS汚染 検査通じ「正しく恐れて」 東京民医連病体生理…
  3.  能登半島地震の発生から4カ月余りが過ぎました▼被災地には、震災直後のままのような光景も残ります。…
  4. 多くの市民が見守るなか行われた除幕式= 7 日、府中市
     世界で武力紛争が相次ぎ、憲法改悪の動きが緊迫する中、全国で37カ所目、都内2カ所目となる…
  5. 未来塾で語り合う吉良、山添両氏と参加者=11日、都内  日本共産党の吉良よし子、山添拓両参院…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る