伊豆諸島 軽石被害の対応を求める 山添議員ら省庁聞き取り

 小笠原諸島の福徳岡ノ場(海底火山)の噴火に伴い発生中の軽石が海流で次々と漁港などに漂着している問題で18日、山添拓参院議員は対策について聞き取りを行いました。先の衆院選で当選した笠井亮、宮本徹両議員も参加し、現状と対応について聞きました。

「島しょ部のライフライン確保に配慮を」と訴える参加者。(左から)笠井、山添、宮本の各氏=18日、千代田区

 内閣府の担当が状況について説明。文部科学省、国土交通省、農林水産省、環境省などが対応について述べました。内閣府によると16日以降、噴火は認められないものの活発な地下火山活動が継続しており、明治以降に発生した日本列島における噴火の中では最大級であり1914年の桜島火山噴火に次ぐ規模だといいます。

 この噴火により新島が形成され、海面を埋め尽くした軽石が海流によって西に移動し、沖縄などに漂着したものです。

 4日に高知沖で確認された軽石は伊豆諸島に先着し始め、21日以降に本格的に到達するとしたシミュレーションが示されました。漁船やフェリー などへの被害が懸念されます。

 軽石は船舶のエンジンに吸い込まれると故障の原因になるとされ、船舶の規模により大きな差異がないといいます。各省庁は被害予測による対応も軽石が海流により常に流動するために立てにくい現状を説明しました。また東京都は港湾内への軽石の流入を回避するためにオイルフェンスを一部張り始めています。しかし、島や漁港などの出入り口は狭いために覆ってしまうと荒天時に避難で入港しようとする船舶に支障が出る可能性があるため、対応に苦慮しているといいます。

 山添議員らは「観測を適宜に行い、警報など情報提供を迅速に行うこと」などの他、関係省庁の連携を密にした対策や、撤去費用の国庫負担について適切かつ迅速に行うことなどを要望。島しょ部のライフライン確保にも言及し対応の強化を求めました。

 東京都は18日、オイルフェンスを神津島港と御蔵島港、その後新島、三宅島の各港にも設置しました。船舶の利用状況に応じて一時的に取り外す場合もあるとしています。また、必要な場合は地元自治体や漁業関係者と調整のうえ、順次設置していくとしています。

(東京民報2021年11月28日号より)

関連記事

最近の記事

  1. 就任2年目の街頭宣伝で訴える岸本区長=13日、杉並区  杉並区で自公推薦の現職を破って岸本聡…
  2. 講演する西川直子氏(左)=14日、豊島区  豊島区民の女性4人が立ち上げた任意団体「ミュニシ…
  3.  中野区議会で10日、副議長(公明党)が日本共産党の羽鳥だいすけ区議の一般質問で、地方自治法改定の…
  4.  都心では5月から厳しい暑さが続いています。7月8日には府中で39.2度になるなど、観測史上最高の…
  5.  都知事選と都議補欠選挙(いずれも7日投開票)の結果を受け、日本共産党都委員会常任委員会が発表した…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る