〈一分 6月19日号〉参院選へ、各党の選挙公約発表が相次いでいます…

 参院選へ、各党の選挙公約発表が相次いでいます▼特徴的なのが、与党やその補完勢力から、軍事費増の大合唱が起きていることです。自民党は、「5年以内に防衛力の抜本的強化」達成を公約。GDP比で2%以上と目標も明記して、軍事費の倍増路線を掲げました。公明党も8日、安全保障分野の重点政策を発表した記者会見で、政調会長が「専守防衛のもと、防衛力を着実に整備、強化する。その結果として、防衛費の増額ということは、当然のこと」と発言しました▼維新の会が2日に発表した参院選政策では、「積極防衛能力」の整備を掲げ、「専守防衛の見直し」や「核共有」の議論も行うと明記しました。与党の安保政策を、さらに右翼的な立場から引っ張ろうとしています▼自民党の公約通り、GDP比で2%以上の軍事費にするには約5兆円、消費税2%分に相当する増額が必要です。高等教育の授業料半減や入学金廃止、給付奨学金の拡充などに必要な予算が1・8兆円、年金削減や高齢者医療費の2倍化中止などに必要な予算0・3兆円と比べても、膨大さが分かります▼自民党の参院選政策は、「憲法改正を早期に実現する」ことも掲げました。平和の道か、軍事対軍事の悪循環の道か、日本の命運がかかる参院選です。

〈東京民報2022年6月19日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  参院選(7月10日投開票)に挑む各国政政党に対し、さまざまな社会問題に取り組んでいる市民有志のグ…
  2.  「くらしと平和に希望をもてる日本に。あなたの率直な声がもっと国会に届くよう、憲法をいかし政治を動…
  3. 1週間の状況と、人口10万人当たり増加数(東京都発表データをもとに、東京民報作成) …
  4. 狛江市長選が6月26日投開票され、元JAXA宇宙科学研究所職員で新日本婦人の会狛江支部長の周東三和…
  5. あきる野市 村木市長が議会解散  あきる野市議会から不信任決議を受けた村木英幸市長(65)は…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る