あきる野市長が失職 不信任決議を再可決 〈2022年8月7日・14日合併号〉

▲音声読み上げ

 市議選(7月24日投票)後初のあきる野市議会が7月28日開かれ、村木英幸市長(65)に対する2度目の不信任決議(共産党は共同提案)が、退席した1人を除く20人中19人の賛成で可決されました。これにより、村木市長は失職し、50日以内に市長選が行われます。

 同市では介護老人福祉施設の誘致を巡って村木市長が条例を無視する形で進めたため、市議会は民主主議に反する市政運営が行われたとして、6月16日に市議会で不信任決議を可決。市長は23日に市議会を解散しました。

 2度目の不信任決議案を審議した市議会では、再選した共産党3氏を代表して、関口えり子市議が賛成討論。市長が必要な手続きを取らず、条例違反をおかす意思を公言し、独断で事業者を募集するなど民主主義に反する強引な進め方をしたことが不信任決議に至った要因だと強調。

 さらに、市長を支えてきた市議団の意見にも耳を貸さず、前回の不信任決議で指摘されても市長が態度を改めなかったと指摘。「民主主義のルールに反するやり方は認められない。それを理解できないのは市長として不適格だ」と表明しました。

〈東京民報2022年8月7日・14日合併号より〉

関連記事

最近の記事

  1. 「気候危機はいのちの問題」とマーチでアピールする参加者=9月23日、渋谷区  「進み続ける気…
  2. 厚労省の担当者に要望書を手渡す保団連住江憲勇会長(右から2人目)と役員=9月22 日、千代田区(写…
  3.  敬老の日の9月15日時点の東京都の高齢者(65歳以上)人口が312万人となり、前年比で2000人…
  4. 倉林氏(中央)に署名を手渡す参加者=9月21日、千代田区  75歳以上の高齢者への医療費窓口…
  5. 「私事ではなく、後に続く人のためにも必ず逆転勝利を」と訴える岩崎さん=9月24日、狛江市 「…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る