新宿区長選 よだかれん氏が出馬表明 「小さき声聞く区政に」〈2022年9月25日号〉

よだかれん氏

 新宿区長選(11月6日告示、13日投票)で、「多様性のある優しい新宿をつくる会」(準備会)は16日、元区議でトランスジェンダー行政書士の、よだかれん氏(50)=無新=を擁立すると会見で発表しました。立憲野党を中心にした各党・会派に推薦要請をしているといいます。

 同会代表者で弁護士の岸まつえ氏(2014年に無所属、共産党推薦で区長選立候補)は、「よださんと『新宿区政を変えよう』という区民の声があふれている。楽しく政治を変える選挙にしたい」と語りました。

 よだ氏は吉住健一区長(50)の区政について、「私がこうあって欲しいという新宿区ではない。憲法の理念を実現する、『小さき声』に耳を傾けようという姿勢に欠けている」と批判。「さまざまな少数者の声をすくいあげてこそ、みんなにとって生きやすい新宿区になる」と語りました。「ゆたかな区財政を暮らしに、事業に」「ジェンダー平等」などの政策案を示し、今後、区民と練り上げると表明ました。区長選は現職の吉住氏が3選出馬を表明しています。

東京民報2022年9月25日号より

関連記事

最近の記事

  1.  「世界の有力国で、将来の指導者をCIAが選んだ最初の国は日本だった」▼情報公開された文書やインタ…
  2. 8 月、子どもたちとのぶどう狩りで  「園でどんぐりの闇取引が横行しているらしく、息子が毎日…
  3. NEXCO東日本の対応について記者会見で話す被害住民ら=11日、調布市  東名高速道路と関越…
  4.  日中友好協会港支部は11日、アイヌ文化の継承活動を精力的に行っている若手の活動家・関根摩耶さんと…
  5.  この本は、良心的な心の糧になる本を出し続けている本の泉社が、山本周五郎の「人情ものがたり」を描い…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る