狛江公民館 雇止め・パワハラ裁判 最高裁で逆転勝訴を 〈2022年10月2日号より〉

「私事ではなく、後に続く人のためにも必ず逆転勝利を」と訴える岩崎さん=9月24日、狛江市

「これがまかり通れば恣意的しいてきな人事評価を利用し、気に入らない労働者の排除が可能になります。特に不安定な会計年度任用職員にも波及してしまう。そのためにも絶対に負けるわけにはいきません」―決意表明をする岩崎安男さんを激励の拍手が包み込みました。

 狛江公民館雇止め裁判を支援する会は9月24日、「高裁判決と最高裁での逆転判決をめざす集い」を開催し、60人超の支援者らが駆け付けました。岩崎さんは狛江市で社会教育主事として40年間勤務。定年後に再任用職員として中央公民館に勤め、多くの市民の信頼を得ていました。ところが館長が交代した2017年以降に机をたたくなどのパワーハラスメントを受け、これまで3年連続優良であった勤務評価が突然D(最低評価)にされたことを理由に雇止めに遭いました。年金受給年齢の繰り上げの救済策として、再任用は原則で、極めて異例のことでした。

 岩崎さんは損害賠償を求めて東京地裁に提訴し敗訴。控訴審はパワハラなどの原告側証人の証言もほぼ認めず、7月に訴えを退けました。岩崎さんは現在、逆転勝訴に向けて上告中です。

 集会には弁護団も参加し、高裁判決の問題点と今後のたたかいについて語り、シンガーソングライターの大熊啓さんが歌で応援。最後は「団結ガンバロウ」で会場がひとつになりました。

東京民報2022年10月2日号より

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る