パートナーシップ 宣誓制度がスタート カウントダウンで拍手〈2022年11月13日号〉

レインボー色の東京に
レインボー色の東京に

 「東京都パートナーシップ宣誓制度」の運用が11月1日、スタートしました。性的少数者(LGBTQ)のカップルによる宣誓、届け出に基づいて都が家族関係を公的に認める制度です。都内に在住、在勤、在学している性的少数者のカップル(双方または一方)が対象で、都が受理したことを示す「受理証明書」の交付を受けられます。

 同制度によって、性的マイノリティーのパートナーシップ関係にある人が、日常生活の様々な場面での手続きが円滑になるほか、例えば都営や公社住宅への入居申込な
ど、新たにサービスが受けられるようになります。

 当事者をはじめ都民の粘り強い取り組みが、政治を動かしました。

 都は今後、利用可能なサービスを広げるため、都内自治体や民間事業者とも連携・協力を図っていく意向です。

 都庁ではこれを記念して同日、レインボー色にライトアップされました。都庁前には当事者を含む大勢の人たちが集まり、点灯をカウントダウン。都庁が七色に染まる
と拍手で祝いました。証明書の交付を受けたカップルらが都庁で会見を開き、「2人の関係が社会に認められてうれしい」と喜びを語りました。

東京民報2022年11月13日号より

関連記事

最近の記事

  1. 新宿区内をデモする参加者=4日  昨年12月に突然知らされた環境省による新宿御苑への放射の汚…
  2. 水彩による原画が並んだ会場=稲城市  耳の不自由な人をサポートする聴導犬の仕事と日常を楽しく…
  3. 超党派議連の会議であいさつする海江田会長=5月24日、千代田区  超党派国会議員による「羽田…
  4.  都議補選の大田区選挙区(被選挙数2)が4日、投開票され、共産党や立憲民主党、新社会党が支援した前…
  5.  「若者憲法集会」が11日に都内で開かれます。  メーン企画は午後1時半から千代田区の有楽町…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る