YKK露骨に降格・退職迫る 内部告発を契機にパワハラ〈2022年12月4日号〉

 ファスナーの世界シェア第1位(シェア率45%)を誇るYKK株式会社(本社・千代田区)で働くロシア国籍の男性労働者が、内部告発を契機にパワハラに遭い著しく不利益を被っているとして改善を求めている問題で、争いは法廷に持ち込まれています。世界的に拠点を設けている日本を代表する大企業で起きているレイシャルハラスメント(外国人への嫌がらせ)は、「国際的にも恥ずべきこと」だと支援者は憤りを隠しません。

世界的大企業でありながらレイシャルハラスメントを続けるYKK 本社=千代田区

外国人労働者が裁判

 男性労働者は自国大学院で経済学博士号を取得後、日本でも博士号を得て、2011年11月にグループ企業のYKK AP株式会社に労働期間の定めなく入社。外国市場関係の業務に従事していた2013年4月、輸出時の納税や展示会費用に不正と考えられる点を見つけたとして会社に報告しました。男性は「間違いを見つけたら報告するのは当然です。私のミスにもなりかねない」と当時を振り返ります。

 半年後、上司に「お前はクビにするよ。YKKで仕事がなくなる」と言われると同時に、同僚の態度が変化して疎外感を感じたことから会社の相談室に相談。ところが相談の内容が同僚に知られ、事態が悪化したといいます。さらに男性はウラジオストクへの出向を打診され希望していたのにも関わらず、2014年4月、黒部事業所(富山県)への製造研修(新入社員研修)の内示を受けます。

 黒部では新入社員と一緒に製造現場で肉体労働に従事。体格の良い男性は日本人の体格に合わせた作業台での作業が肉体に負担となり、けがをしますが、比較的負担の軽い作業に変更されるだけでした。10月の研修終了後には事務職の復帰が提示されず、11月には年末に自己都合で退職願にサインをするよう退職勧奨を受けました。

 翌2015年3月、人事部長より「YKK APに仕事はない。(関連会社の)YKKへの異動か転職しては」と告げられ、YKKに移動し3月末から古御堂工場(富山県)での異例の新入社員研修を再び受けました。

「アホ、クビに」

 労働条件が引き継がれてYKKに転籍になった男性は、ロシア市場担当などの業務で資料作成などが命じられたといいます。そして6月に行われた男性の歓迎会の酒席で、同社コンプライアンス担当でもある部長が「お前はアホ」「お前をクビにする」と言い出し、翌日から冷たい態度になり、男性の担当業務の発表を他者に行わせたのをはじめ、ロシア市場関連の会議に出席させないなど冷遇。ロシアYKKの従業員との面会もさせず、上司や同僚との情報共有もされなくなり業務に支障をきたすほどになりました。

 たまたま顔を合わせた同社の会長(当時)が男性に声をかけた際、男性が窮状を訴えると、改善どころか上司の嫌がらせは以前にも増して過酷なものになりました。

関連記事

最近の記事

  1.  都知事選と都議補欠選挙(いずれも7日投開票)の結果を受け、日本共産党都委員会常任委員会が発表した…
  2.  革新都政をつくる会は10日、都知事選(7日投開票)を受けた声明を発表しました。  声明は…
  3. 都議会 新しい会派構成に  都議補選の結果、新しい都議会の構成(計127人)は以下の通り(カ…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 核禁条約 日本の参加、1日でも早く 署名累計156万人超に …
  5. プラスターを持ち訴え  朝ドラ「虎に翼」の主人公、寅子の「おかしいと声を上げた人の声は決して…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る