給食無償化都は支援を 都議会予算特別委 共産党から5氏〈2023年3月19日号〉

 都議会は2023年度予算案について一問一答形式で質疑する予算特別委員会を小池百合子知事の出席のもと、7~9日の3日間開きました。日本共産党は和泉なおみ、白石たみお、清水とし子、尾崎あや子、里吉ゆみの5氏が質問しました。

都政の重要課題で論戦

どの自治体も無償化に

 「給食費についても大胆な負担軽減が重要ではないか」。代表総括質疑(7日)に立った和泉なおみ都議(葛飾区選出)は、23区で広がり始めている学校給食の無償化に関連して、どの自治体でも無償化ができるよう都として支援するよう求めました。

 和泉都議は小池知事が学校給食法で食材費について、「保護者が負担することとされている」と答弁したことに対し、「保護者に義務づける規定ではない」と指摘。「都が区市町村に補助を行うことは法的に可能ではないか」とただしました。

 浜佳葉子教育長は「文部事務次官通達では学校給食法等について『給食費の一部を補助するような場合を禁止する意図ではない』とされている」と答弁。和泉都議は学校給食の負担軽減に取り組む区市町村を、都が財政支援することを認めていると強調。区市町村への支援や、都が設置者である特別支援学校などの都立学校の給食無償化に踏み出すべきだと主張しました。

外苑再開発 聖地を変質

 和泉なおみ都議は反対の声が広がる神宮外苑の再開発で、秩父宮ラグビー場を神宮球場と敷地を交換して建て替える計画について、土地所有者の明治神宮と開発事業者の三井不動産などの思惑とともに、すでに2012年当時に都副知事らと森喜朗元首相との間で都民に隠して進められていたと指摘。都の資料を示し、「明治神宮所有地の商業的な利用増進」を第一の利点にあげていたと告発。「動機も目的も、東京五輪を利用した利権のための再開発計画にほかならない」と批判しました。

 新ラグビー場について、福田至都市整備局長は「ラグビー以外のスポーツや各種イベントでも使いやすい施設とする」と答弁。和泉都議はラグビー専用スタジアムでなくなると強調。その象徴が当初計画になかった新ラグビー場への屋根設置であり、店舗、巨大スクリーン設置のために観客席が今より約1万席も減り、「ラグビー専用スタジアム」の言葉もなくなったと指摘。

 ラグビー元日本代表の平尾剛氏が語った「屋根がついたのも人工芝も、多目的に使用するためであり、これは収益をあげるためのもの」「ラグビーというスポーツの価値に配慮していない」との厳しい指摘を紹介。「先人たちの苦労も含めて、ラグビーの聖地として受け継がれてきた、その歴史まで根こそぎ壊してしまうような計画に、痛みを感じないか」と知事に問いましたが、答弁はありませんでした。

五輪疑惑 徹底調査を

 和泉都議は五輪談合に都職員が関与した疑惑を追及。逮捕された大会組織委員会の森泰夫元次長が、入札実施前に企業の応札意向の一覧表を見せた大会運営局長とは、組織委に出向していた吉村憲彦財務局長ではないかとただしました。

 小池知事は答弁に立たず、中村倫治政策企画局長は、捜査中を理由に5回も答弁拒否。和泉都議は「組織委には多くの職員が派遣されていた。誰ひとり談合に気づかなかったことがあり得るのか」と強調。都の職員への聞き取り調査結果も示されていないと批判しました。

 さらに、都が「外部有識者を中心に調査を進めている」と強調する調査チームについて、トップの潮田勉副知事は元オリンピック・パラリンピック局長で、設置要綱もない庁内の意思決定で動くことを告発。「いかにも第三者調査を行っているかのような印象操作だ」とのべ、知事の責任で第三者機関を設置し、徹底した調査・検証、事実の公表を強く求めました。

英スピテスト 来年度中止を

都が開示した英語スピーキングテストで区市町村から聞き取った内容をまとめた資料を提示して「黒塗りされて内容は分からない」と追及する和泉都議=7日、都議会

 和泉都議は都教育委員会が強行した英語スピーキングテスト(ESAT‐J)で、受験生から「周りの声が聞こえた」「周りの生徒の解答をまねることが可能だった」などの公平・公正性が損なわれた深刻な事態があったことを示す証言が多数あるのに、「解答に影響を与えるような事例はなかった」と言い張り、検証しようとしない都教育委員会の不誠実な姿勢を追及しました。

関連記事

最近の記事

  1.  都知事選と都議補欠選挙(いずれも7日投開票)の結果を受け、日本共産党都委員会常任委員会が発表した…
  2.  革新都政をつくる会は10日、都知事選(7日投開票)を受けた声明を発表しました。  声明は…
  3. 都議会 新しい会派構成に  都議補選の結果、新しい都議会の構成(計127人)は以下の通り(カ…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 核禁条約 日本の参加、1日でも早く 署名累計156万人超に …
  5. プラスターを持ち訴え  朝ドラ「虎に翼」の主人公、寅子の「おかしいと声を上げた人の声は決して…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る