街角の小さな旅34 所狭しと並んだ古今の文具と歴史 日本文具資料館と浅草橋界隈 

 文具の歴史は文字の発明とそれを記録するための書くものと書かれるものの歴史です。

 その起源は古代のエジプトで楔形(くさびがた)文字が岩に刻まれ、植物の葉でつくられたパピルスにペンとインクを使って自由に文字を書くことができるようになったことにさかのぼります。

浅草橋から望む柳橋の風景

 日本文具資料館は「文化を育てる文具」を理念に古今東西、歴史を刻んできた文具を一堂に蒐集(しゅうしゅう)・展示しているミュージアムです。

 ちなみに「文具」は今日の文房具にあたる言葉で、これに対して「文房具」は元来、筆、墨、硯(すずり)、紙のみを指す言葉でした。

日本文具資料館

 こじんまりとした展示室で迎えてくれるのが江戸期に備前國志賀島で発掘された「漢委奴国王印」の純金印(レプリカ)と中国の大水晶印。つづいて「墨の伸びが良い」「墨色が良い」「溜めた墨が涸れない」など硯の最高峰といわれる中国広東省産の端渓大硯、エジプトなどの古代の筆記器具、さらには伊達政宗や徳川家康が使用した鉛筆(レプリカ)、江戸期に使われた矢立、歴史をたどるアンティークの万年筆など所狭しと展示されています。

 また、古くから世界で使われてきたそろばんや近代の機械式計算機と電卓のルーツとなったカシオリレー計算機などありとあらゆる文具に出会うことができます。

 日本文具資料館(東京文具販売健康保険組合会館1階)はJR・東京メトロ浅草橋駅のすぐ近く。平日の午後1時から4時まで開館、入場無料。

柳橋界隈

 資料館を出て右に歩みを進めJR高架下をくぐると隅田川テラスの入り口があり、隅田川の護岸に沿って浅草方面にウオーキングを楽しめます。また、その先には小唄、端唄、長唄、清元など江戸小歌で一世を風靡(ふうび)した市丸の旧居があり、ギャラリーとカフェ、バー(不定期営業)が営まれています。下町の風情と二階のカフェから隅田川の川風と行き交う遊覧船を楽しむことができます。

 反対に左にすすむと柳橋。ここは井の頭池(三鷹市)を水源とする神田川が隅田川に注ぎ込むところで、江戸期には船宿が並び墨堤の桜や両国の川開きの花火を楽しむ船遊びや猪牙舟(ちょきぶね)でにぎわったところです。いまも河岸には船宿の名残を残した佃煮のお店や屋形船が並んでいます。

関連記事

最近の記事

  1.  東京の被爆者団体「一般社団法人東友会」が11月19日、結成65周年の記念式典・祝賀会をKKRホテ…
  2. 英スピテストをめぐり開かれた議連総会と都民集会=11月26日、新宿区  公平・公正性に問題が…
  3. 私学助成署名の活動を報告する教職員と保護者=11月12日、港区  生徒・保護者・教職員の交流…
  4. 東京都への要望をおこなう島しょの町村議ら(左端は藤田都議)=11月21日、新宿区  日本共産…
  5. 新宿区 学校給食4月無償化  新宿区は来年4月から小中学校の給食費を無償化します。吉住健一区…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
#東京都 の #小池百合子 知事が推進する #神宮外苑再開発 計画(新宿区・港区)の事業施行者、#三井不動産 グループ2社が都退職幹部の天下りを9人も受け入れ、事業を所管する都市整備局と深い関係にあることが、取材で明らかになりました。
イスラエルによるパレスチナ自治区ガザへの攻撃が激化し、民間人への被害が拡大している情勢の中、即時停戦とパレスチナに平和を求めるデモが10日、渋谷区で行われました。
米軍 #横田基地(福生市など)で、発がん性などが指摘される高濃度の有機フッ素化合物(#PFAS)が今年1月に漏れていたと報じられた問題で #日本共産党都議団 は9日、小池百合子都知事あてに全容解明に向けて国や米軍への速やかな対応を申し入れました。
人体への有害性が指摘される有機フッ素化合物(#pfas =ピーファス)が多摩地域の水道水源の井戸水で検出され、地元住民による自主的な血液検査の結果、高い血中濃度が示されたことを受け、住民団体「多摩地域のPFAS汚染を明らかにする会」は10月31日に東京都、11月2日に国へ、大規模な血液検査や汚染源の特定などを求める要請書を手渡しました。
ページ上部へ戻る