本気で平等、実現しよう 日本共産党がジェンダー街宣〈2023年8月6日号〉

「本気でジェンダー平等社会を!7.25JCPトーク」で話す(右から)田村、坂井、米倉、池川の各氏

 日本共産党都委員会ジェンダー平等委員会は7月25日、新宿駅西口広場での街頭宣伝「本気でジェンダー平等社会を!7.25JCPトーク」を行いました。

 衆院東京比例予定候補の田村智子副委員長・参院議員と坂井和歌子氏に、池川友一、米倉春奈の両都議が質問する、トーク形式で進行しました。

 先月発表された日本のジェンダーギャップ指数(世界経済フォーラム)は、146カ国中125位と前年から9ランクダウン。これについて、田村氏は、「他国はギャップを埋めてきているのに、日本だけが、同じところをうろうろしている。現状維持は衰退だ」と進まない政策を批判しました。

 坂井氏は、男女の賃金格差に最もジェンダーギャップを感じると強調。「中途入社の男性に仕事を教え、賃金は抜かれていく」「出産したら非正規に」など、ママ友の話を紹介。女性の賃金は男性の7割程度、非正規になると4割程度だとし、社会構造の問題だと語りました。

 田村氏は、男性の長時間労働を前提とした社会は、男性の家庭参画の機会をも奪っていると指摘。世界の国々がジェンダー平等を推進しているのは、男女が共に活躍できなければ、経済が発展しないという認識があるからだと述べました。

 坂井氏は、「それでもベビーカーを押しているお父さんが増えたのは、『社会の進歩』」と期待を込めました。

 シングル女性の困難もトークテーマに。一人暮らしで世帯を構成している層は、最も多い4割です。

 坂井氏は、シングルマザーには不十分ながらも光が当てられてきたが、一人暮らしの女性は、放置されてきたと指摘。結婚して家庭を持つことを前提にさまざまな制度設計がされている日本社会では、男性より相対的に賃金が低い女性は、生活苦に陥りやすい現状が統計からも明らかになっています。

 米倉氏は、6月の都議会でこの問題を取り上げたことを報告し、今後さらに働き方や社会保障、住居などの分野でシングル女性の声をとりあげたいと語りました。

 日本共産党はこの間、都議会、国会と続けて痴漢問題を取り上げました。「痴漢は性暴力」と周知する立場に、国が立ったことは大きな成果です。さらに、鉄道各社への申し入れで、「痴漢は犯罪」と認識させたことも紹介しました。

 最後に坂井氏は「ジェンダー平等の取り組みを進めるなかで、私自身もアップデートできた。同じ思いを持って、政治を変えていこう」と訴えました。

 田村氏は、「男らしさ女らしさを政治が押し付けることは社会の発展を妨げている。抑圧からの解放は日本共産党の原点、『私が私を大切に生きる社会』を実現しよう」と呼びかけました。

 同時に行われたシール投票には、多くの若者が興味を示しました。「パリテ(議会での男女同数)ってなんですか?」「リプロ(性と生殖に関する健康と権利)って?」などの質問に答えると、「それは必要だと思います」など、前向きな反応が寄せられました。

東京民報2023年8月6日号より

関連記事

最近の記事

  1.  現職の小池百合子都知事に、蓮舫前参院議員が挑む都知事選は20日に告示、7月7日に投票を迎えます。…
  2.  日本共産党の曽根はじめ都議は5日の都議会一般質問で、防災を口実に、住宅街や商店街を分断する幹線道…
  3.  現職の小池百合子都知事に、蓮舫前参院議員が挑む都知事選は20日に告示、7月7日に投票を迎えます。…
  4.  東京都が公立学校に配置するスクールカウンセラー(SC)約250人を3月で「雇い止め」にした問題で…
  5. 要求を全国から持ち寄った参加者=5月28日、千代田区  「(看護学校で学ぶ)若い学生のたんぱ…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る