生活保護 基準引き下げで貧困拡大 新生存権裁判 口頭弁論受け報告集会〈2023年8月6日号〉

報告集会で説明する弁護団=7月21 日、千代田区

 2013年度から2015年4月まで3回に渡り行われた〝生活保護基準の引き下げ〟は、「憲法25条の定める生存権保障に反する」として無効あるいは、国家賠償を求めて争う新生存権裁判の第16回口頭弁論が7月21日、東京地裁で行われました。

 弁論では被告の国側がスライドを用いて、主張を展開。それを受けて原告側もスライドを使い国側の主張の変化や矛盾点を明らかにしました。

 原告らは弁論後、国会内で報告集会を開催。訴訟弁護団の田所良平弁護士は今回の弁論について報告し、主な争点について、国が引き下げの根拠とする①体系および級地(地域)の歪み調整を反映②2008年の見直し以降のデフレ傾向-の2点だと強調しました。

 デフレ調整(マイナス4.78%)の違法性については、国の「前回の見直しである2008年以降基準額は見直されていないが、その間デフレが続いている。実質的な購買力を維持しつつ、客観的な経済指標である物価を勘案して基準額の改定を行う」とした当時の主張を、「物価は参考資料にとどめるべき(中央社会福祉審議会)とされ、物価変動のみを考慮した基準改定は過去一度も行われていない」と告発。

 続いて「国は当初、デフレは2008年から生じたため起点としたと主張していた。その後、前回見直し以降の物価動向を勘案するため起点を2008年にしたと主張が変わっている」など、国の主張の変化と矛盾を指摘しました。併せて物価下落の内マイナス3.28%はテレビやパソコンなどの価格低下によるもので、生活保護世帯の消費構造と大きく乖離かいりしていると述べました。

 その上で、「生活保護基準が違法に引き下げられたために、制度からはじき出されて生活に困っている国民が多数生じている」と強調。「生活保護基準は他の福祉制度の適用基準として用いられているために、他の支援制度からもはじき出されている国民が多数生じている」と格差と貧困の要因となっていると語りました。

 報告集会には日本共産党の宮本徹衆院議員も駆けつけて「生活保護行政の矛盾を正すためにも国会内でも引き続き取り組む」と原告・支援者らを激励しました。  

 同裁判を支援する東京連絡会は弁論を前にして地裁前でアピール行動を展開。40人余りが参加しました。これまでに「公正な判決を求める署名」を東京地裁に3万人分提出。同様の裁判では東京地裁のはっさく裁判を始め、全国11地裁で原告勝訴の判決が出されています。次回弁論は10月16日午後1時30分から。連絡会は傍聴支援を呼びかけています。

東京民報2023年8月6日号より

関連記事

最近の記事

  1.  JR昭島駅の北側に広がる緑豊かなゴルフ場跡地に、中国資本の大手物流不動産デベロッパー「日本GLP…
  2.  「連合」の芳野友子会長が都知事選で蓮舫候補が3位にとどまったことに関連して、「共産党が前面に出す…
  3. JALに誠実な回答を求める争議団と支援者=11日、品川区  JAL争議をたたかうJAL被解雇…
  4. 就任2年目の街頭宣伝で訴える岸本区長=13日、杉並区  杉並区で自公推薦の現職を破って岸本聡…
  5. 講演する西川直子氏(左)=14日、豊島区  豊島区民の女性4人が立ち上げた任意団体「ミュニシ…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る