共同親権ちょっと待って 弁護士の会が記者会見〈2023年9月3日号〉

 離婚した後、両親が共に親権を持つという「共同親権」の導入をめぐり、法務相の諮問機関である法制審議会の部会での議論が前のめりで進められています。法務省が早々に部会に対して法案イメージを示そうとする中、共同親権の問題について正しく知ってもらいたい弁護士の会(弁護士の会)は8月21日、同省に「導入を前提とした議論をすすめないよう」申し入れを実施。310人超の弁護士が賛同しているとして記者会見を行いました。

会見に臨む呼びかけ人の弁護士ら=8月21日、千代田区

 この日、弁護士の会は①両親が共同親権に合意してもDVや虐待などのケースが紛れ込む危険②父母が不同意で、家庭裁判所が定めたケースで子を危険にさらすリスクが高まる③議論の前に8000件ほど寄せられたパブリックコメント(意見募集)を公開し、議論の参考にすべき④別居親との面会交流が裁判所の命令で行われるようになってからDVや虐待が増加していることの検証-などをすべきと強調。

 呼びかけ人の斉藤秀樹弁護士は「とても意見がまとまるような状況でもなく、重要なことが何一つ専門家の中で真剣に議論されているように思えない。親権のあり方や、DV・ 虐待をどのように排除するのかについて議論がほとんどされず、非常に危惧している」と述べました。

 また、「意見が違うから離婚に至るのに、離婚した途端(子の養育に関して)合意形成ができるのでしょうか」と問いかけたのは角田由紀子弁護士。「日本の離婚は協議離婚(当事者の話し合い)が9割を占める中、社会的な力関係は男性が優位であり、当事者間で平等な話し合いは成立しにくい。そのため、(養育費など)権利を放棄してでも離婚したいと離婚した人も少なくない。法律論以前、常識からしておかしい」と述べました。

 さらに共同親権が導入されている外国では「実施してみたけれど実態が伴わない」として見直しが進む中、「あらゆる面で『合意』が非常に軽く扱われがちな日本では、一番迷惑を受けるのは子どもではないか」と問いかけました。

共同=対等は現実と異なる

 太田啓子弁護士は「共同イコール対等ではない」と切り出し、「子どもに会えないと聞くとかわいそうと思われがちだが、面会交流と親権は違う。面会交流の申し立てをすべき」と述べました。さらに共同親権が実施されると、「どこに住むのか、医療を受ける、進学などの際に別居親の承諾が必要になる。関係性が悪いとそのたびに家庭裁判所に行くのだとすれば、シングルマザーは非正規労働の人も多く、休みを取るので収入に影響が出る。現実的ではない」と警鐘を鳴らしました。

 当事者もリモートで参加し、「関係性を断ちたくて離婚をしても、ずっと関係性を強要されるのはつらい」と声を上げました。

 また刑法の性犯罪規定の改正についての要望書を提出した時は法務省内での対応であったのに、事前に連絡を取ったにもかかわらず要望書は路上で受け取るだけだったとの報告があり、背景に「政治的圧力があるのでは」との声がメディアから上がっていました。

 共同親権を強力に進める「共同養育支援議員連盟(柴山昌彦会長)」は、旧統一協会と懇意な関係が取りざたされている下村博文衆院議員がけん引してきたもので、離婚後の共同親権実施のために発足した「親子断絶防止議員連盟」を母体に発展した団体との指摘も会見で出されました。

東京民報2023年9月3日号より

関連記事

最近の記事

  1.  都知事選と都議補欠選挙(いずれも7日投開票)の結果を受け、日本共産党都委員会常任委員会が発表した…
  2.  革新都政をつくる会は10日、都知事選(7日投開票)を受けた声明を発表しました。  声明は…
  3. 都議会 新しい会派構成に  都議補選の結果、新しい都議会の構成(計127人)は以下の通り(カ…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 核禁条約 日本の参加、1日でも早く 署名累計156万人超に …
  5. プラスターを持ち訴え  朝ドラ「虎に翼」の主人公、寅子の「おかしいと声を上げた人の声は決して…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る