池川都議「調査は不十分」 都議会オリ特委 五輪談合報告書を審議〈2023年9月17日号〉

質疑に立つ池川都議=8月30日、都議会

 都議会オリンピックパラリンピック特別委員会が8月30日開かれ、東京五輪を巡る談合事件で都がまとめた調査報告書(7月公開)について審議しました。日本共産党は池川友一都議が質問に立ち、大会組織委員会の理事だった潮田勉副知事が調査チームのトップを務めたことに、「公正性が疑われる」と指摘。検証すべき問題が多く残されているとして、組織委に派遣された都幹部職員の参考人招致など質疑の継続を求めました。

 報告書は大会組織委員会の関係者からヒアリングを行った上で、談合事件が起きた要因として「都の関与に限界があった」「事業の実施が優先され、不正防止の観点では相互牽制けんせいが十分に機能しなかった」などと指摘しています。

 日本共産党の池川友一都議は、談合の受注予定事業者一覧表について、五輪組織委員会の元幹部が都の聞き取り調査で「一覧を見たが、受注調整とは思わなかった」と証言した一方で、電通から組織委に派遣され一覧表を作成した森泰夫・元大会運営局次長が初公判で「受注調整の状況は一覧表を見せながら上司に報告していた」と述べたと指摘。「都は初公判を踏まえて報告書を作成したのに、なぜこの重大な矛盾に触れないのか」と追及しました。

 石原慎政策企画局政策担当部長は、「元幹部からの聞き取りで競技ごとに業者名が記載された一覧を見たことはあるが、それにより受注調整しているとは思わなかったとの回答を得ている」と、報告書の内容を繰り返しただけでした。

 池川都議は「森元次長以外の組織委幹部も知っていたのに、森元次長だけにその責任を押しつけたのではないかと疑われる。そういうことを検証しなければ都民の信頼回復はできない」とのべ、再調査の必要性を強調しました。

 また、森元次長が入札情報を漏洩したとされた問題に関連して、入札の金額を開札前に入手できた仕組みになっていたとすれば、「談合を進めていく上で決定的だ」として、調査したのかただしました。菅原雅康政策企画局政策部長は、すでに関係者が起訴され「公判の中で事実が明らかになるもの」と答弁を避けた上で、「大会を着実に行うために最適と考えられるシステムを採用してきた」と強弁しました。

 池川都議は「(談合事件が起きて)最適じゃなかった。仕組みとして何に問題があったのかをはっきりさせておく必要がある」と追及。森元次長が単独で入札情報を持ち出すには疑義があるとし、「制度がどうだったのか検証する必要がある」と訴えました。

 さらに都職員が談合に関与すれば懲戒処分対象となり、退職者であっても損害賠償の対象になると指摘。調査が「違法性や個人の責任追及を目的としない」と、最初から免罪していると批判しました。

東京民報2023年9月17日号より

関連記事

最近の記事

  1. 新作の「桜の四季」を実演  「平和と文化をはぐくむ空間に」との思いを込めて建築された「まつい…
  2.  小田急グループの神奈川中央交通(神奈中バス=神奈川県平塚市)が運行する路線バスで起きていた障害者…
  3. 介護保険料 全国平均過去最高に  厚生労働省は2024~26年度の65歳以上の介護保険料(月…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 PFAS汚染 検査通じ「正しく恐れて」 東京民医連病体生理…
  5.  能登半島地震の発生から4カ月余りが過ぎました▼被災地には、震災直後のままのような光景も残ります。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る