〈一分 9月17日号〉参院東京選挙区から、日本共産党参院議員を24年務めた故・上田耕一郎氏は、ロッキード事件やリクルート事件の追及など…

 参院東京選挙区から、日本共産党参院議員を24年務めた故・上田耕一郎氏は、ロッキード事件やリクルート事件の追及など、国会論戦の名手としても知られました▼議員を引退後、書き下ろした著書『国会議員』(平凡社)には、国会質疑をつくる際に心掛けていたことや、調査のやり方、法案審議のあるべき姿など、上田氏の「議員哲学」が縦横に語られています▼久しぶりに開くと、そこにこんな言葉がありました。「『重要な問題なので局長に答弁させます』と答えて辞任した大臣もいた。こうした緊張した対話と論戦をつうじて大切な政策が形成されていく。議員の質問戦は、重要な政治的・政策的意義を持つ」▼その国会質疑をめぐる疑惑を問われているのが、自民党を離党した秋本真利衆院議員です。洋上風力発電をめぐり、風力発電会社から多額の資金提供を受け、同社が有利になるよう国会質問した疑いです。同じく逮捕された同社の前社長は、質疑への謝礼の趣旨があったと認めていると報じられています▼「対話と論戦をつうじて」政策をつくり上げるどころか、一企業や業界のために国会質疑を賄賂で汚した重大な疑惑。東京地検から家宅捜索を受けるまで、外務政務官に任命していた岸田首相の責任も問われます。

 東京民報2023年9月17日号より

関連記事

最近の記事

  1.  東京の被爆者団体「一般社団法人東友会」が11月19日、結成65周年の記念式典・祝賀会をKKRホテ…
  2. 英スピテストをめぐり開かれた議連総会と都民集会=11月26日、新宿区  公平・公正性に問題が…
  3. 私学助成署名の活動を報告する教職員と保護者=11月12日、港区  生徒・保護者・教職員の交流…
  4. 東京都への要望をおこなう島しょの町村議ら(左端は藤田都議)=11月21日、新宿区  日本共産…
  5. 新宿区 学校給食4月無償化  新宿区は来年4月から小中学校の給食費を無償化します。吉住健一区…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
#東京都 の #小池百合子 知事が推進する #神宮外苑再開発 計画(新宿区・港区)の事業施行者、#三井不動産 グループ2社が都退職幹部の天下りを9人も受け入れ、事業を所管する都市整備局と深い関係にあることが、取材で明らかになりました。
イスラエルによるパレスチナ自治区ガザへの攻撃が激化し、民間人への被害が拡大している情勢の中、即時停戦とパレスチナに平和を求めるデモが10日、渋谷区で行われました。
米軍 #横田基地(福生市など)で、発がん性などが指摘される高濃度の有機フッ素化合物(#PFAS)が今年1月に漏れていたと報じられた問題で #日本共産党都議団 は9日、小池百合子都知事あてに全容解明に向けて国や米軍への速やかな対応を申し入れました。
人体への有害性が指摘される有機フッ素化合物(#pfas =ピーファス)が多摩地域の水道水源の井戸水で検出され、地元住民による自主的な血液検査の結果、高い血中濃度が示されたことを受け、住民団体「多摩地域のPFAS汚染を明らかにする会」は10月31日に東京都、11月2日に国へ、大規模な血液検査や汚染源の特定などを求める要請書を手渡しました。
ページ上部へ戻る