〈一分 10月22日・29日合併号〉政府が13日、統一協会の解散命令を東京地裁に請求しました…

 政府が13日、統一協会の解散命令を東京地裁に請求しました。先祖の因縁で不幸が起こるなど、不安をあおって多額の献金を要求するなど、民法上の不法行為を長年にわたり繰り返してきたことに対するものです▼政府は、170人を超える被害者などから調査をする中で、統一協会の民法上の不法行為が、「組織性・悪質性・継続性」をもって行われてきたと判断しました。他方で協会側は会見で、「私たちの真実の姿を伝えられなかった」などと開き直り、反発しています▼岸田首相は当初、解散命令の要件を、刑事罰に限るとの考えを示していました。日本共産党の宮本徹衆院議員が、立憲民主党の議員らとともに、国会で、そうした解釈の誤りを追及したことで、宮本氏らの質疑の翌朝の答弁で、首相が民法上の不法行為も要件になり得ると解釈を変更しました▼当初、解散命令請求に後ろ向きだった政府を動かしたのは、道理を尽くした国会の論戦と、その背後にある国民の世論と運動でした。大きな一歩を踏み出したとはいえ、解散命令が出るまでの協会の財産保全など、多くの課題を残しています。それらを前に進めていくためにも、「反共」を基軸になれ合いを続けてきた、自民党と統一協会の癒着の解明が不可欠です。

東京民報2023年10月22日・29日合併号より

関連記事

最近の記事

  1.  東京の被爆者団体「一般社団法人東友会」が11月19日、結成65周年の記念式典・祝賀会をKKRホテ…
  2. 英スピテストをめぐり開かれた議連総会と都民集会=11月26日、新宿区  公平・公正性に問題が…
  3. 私学助成署名の活動を報告する教職員と保護者=11月12日、港区  生徒・保護者・教職員の交流…
  4. 東京都への要望をおこなう島しょの町村議ら(左端は藤田都議)=11月21日、新宿区  日本共産…
  5. 新宿区 学校給食4月無償化  新宿区は来年4月から小中学校の給食費を無償化します。吉住健一区…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
#東京都 の #小池百合子 知事が推進する #神宮外苑再開発 計画(新宿区・港区)の事業施行者、#三井不動産 グループ2社が都退職幹部の天下りを9人も受け入れ、事業を所管する都市整備局と深い関係にあることが、取材で明らかになりました。
イスラエルによるパレスチナ自治区ガザへの攻撃が激化し、民間人への被害が拡大している情勢の中、即時停戦とパレスチナに平和を求めるデモが10日、渋谷区で行われました。
米軍 #横田基地(福生市など)で、発がん性などが指摘される高濃度の有機フッ素化合物(#PFAS)が今年1月に漏れていたと報じられた問題で #日本共産党都議団 は9日、小池百合子都知事あてに全容解明に向けて国や米軍への速やかな対応を申し入れました。
人体への有害性が指摘される有機フッ素化合物(#pfas =ピーファス)が多摩地域の水道水源の井戸水で検出され、地元住民による自主的な血液検査の結果、高い血中濃度が示されたことを受け、住民団体「多摩地域のPFAS汚染を明らかにする会」は10月31日に東京都、11月2日に国へ、大規模な血液検査や汚染源の特定などを求める要請書を手渡しました。
ページ上部へ戻る