【寄稿・新人議員ネクスト】わたばやしゆか八王子市議 市民の願いかなえる議員に〈2023年11月19日号〉

街頭での宣伝に立つわたばやし市議

 東京民報で「ニーズくみ、支援に道すじ」というタイトルで、市議選に挑戦する意気込みを記事にしてくださってから一年が経ちました。働いていた障害者福祉施設の利用者さんや一緒に頑張ってきた職員たちの声を届け、障害者福祉の現場を良くしたい一心で挑戦し、現在は市議として活動しています。八王子市は5人全員当選。先輩議員からの手厚いサポートの下、第2回と第3回の定例市議会を乗り切りました。

 決算等審査特別委員会では、障害者通所施設の家賃補助減額の問題を取り上げました。2020年度まで月額上限20万円だった家賃補助が、21年には14万円、22年には10万円と、段階的に引き下げられてきました。決算額としては2年間で6000万円削減されています。質疑を通じて赤字経営の施設が26%から42%に増加していることが明らかになりました。

 市は事業者の運営が安定化してきたことを家賃補助の削減理由としていますが、市の認識が実態と乖離していることは明らかです。家賃補助の増額を求めて引き続き現場の声を議会に届けていきたいです。

 第3回定例会の一般質問ではジェンダー平等に関するテーマにも挑戦しました。困難女性支援を市の施策にどのように反映させていくのか、基本計画の策定や民間団体との協働の具体化について質問しました。

 市は「男女が共に生きるまち八王子プランに盛り込む方向で審議中」という答えでした。行政は相談を待っているだけでは、困難を抱える女性とつながれません。女性たちが生きたい人生を歩むために、行政が責任をもって支援するよう、これからも働きかけていきたいです。

 コロナ危機で不安に押しつぶされそうになった時に「命と暮らしが何より大事。医療や福祉にこそ支援を」と真っすぐ訴える日本共産党の議員の存在が希望の光でした。市民の皆さまの願い実現に対し、できない理由を探すのではなく、どうしたら願いをかなえられるか、追求し続ける議員でありたいと思います。

東京民報2023年11月19日号より

関連記事

最近の記事

  1. 就任2年目の街頭宣伝で訴える岸本区長=13日、杉並区  杉並区で自公推薦の現職を破って岸本聡…
  2. 講演する西川直子氏(左)=14日、豊島区  豊島区民の女性4人が立ち上げた任意団体「ミュニシ…
  3.  中野区議会で10日、副議長(公明党)が日本共産党の羽鳥だいすけ区議の一般質問で、地方自治法改定の…
  4.  都心では5月から厳しい暑さが続いています。7月8日には府中で39.2度になるなど、観測史上最高の…
  5.  都知事選と都議補欠選挙(いずれも7日投開票)の結果を受け、日本共産党都委員会常任委員会が発表した…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る