〈一分 12月10日号〉地球沸騰化とまで呼ばれる深刻な気候変動に、世界がどう対策を取るのか…

 地球沸騰化とまで呼ばれる深刻な気候変動に、世界がどう対策を取るのか—ドバイで開催中の、国連気候変動枠組み条約第28回締約国会議(COP28)の課題です▼熱波や干ばつ、異常な大雨など、かつてない異常気象が続き、気候危機の深まりを感じさせます。今回のCOPでは、同会議としては初めて、熱中症や感染症など、気候変動による健康被害の問題が「気候変動と保健」のテーマで話し合われたといいます▼COP28の開催に合わせて米国は、2050年までに原発の発電容量を3倍にするとの宣言をまとめました。原発をクリーンなエネルギーと主張するものですが、環境NGOなどからは、原発は気候危機対策にならないと反論が上がっています。福島原発事故で痛苦の経験をしたにもかかわらず、日本は宣言に名を連ねています▼各国が提示している温室効果ガスの削減目標を足し合わせても、世界の平均気温の上昇を産業革命前から1.5度以内に抑えようというパリ協定の目標に満たない状況です▼石炭火力に固執する演説を岸田首相が行い、脱化石燃料に後ろ向きな国に贈る「化石賞」を、今回のCOPで最初に受賞した日本。再生可能エネルギーの抜本強化で、削減目標上積みの先頭に立つことが必要です。

東京民報2023年12月10日号より

関連記事

最近の記事

  1.  都知事選と都議補欠選挙(いずれも7日投開票)の結果を受け、日本共産党都委員会常任委員会が発表した…
  2.  革新都政をつくる会は10日、都知事選(7日投開票)を受けた声明を発表しました。  声明は…
  3. 都議会 新しい会派構成に  都議補選の結果、新しい都議会の構成(計127人)は以下の通り(カ…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 核禁条約 日本の参加、1日でも早く 署名累計156万人超に …
  5. プラスターを持ち訴え  朝ドラ「虎に翼」の主人公、寅子の「おかしいと声を上げた人の声は決して…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る