都知事・都議補選7日投票 逆転勝利で都政変えよう 蓮舫氏が猛追、広がる支援〈2024年7月7日号〉

 都知事選・都議補選は7日、投開票です。都知事選は市民と野党の共闘で推された蓮舫候補(無所属、新人)が、自民、公明、都民ファーストなどが支援する現職の小池百合子氏(無所属)を猛追し、最後の奮闘が勝敗を分ける激戦のまま最終盤に突入しました。

女性宣伝で大勢の聴衆を前に熱く訴える蓮舫候補=6月29日、杉並区

 「現職知事に追いつき、追い越せ」―。蓮舫候補を何としても知事に押し上げたいと、蓮舫候補を支援する各政党が奮闘。日本共産党は田村智子委員長、小池晃書記局長、山添拓、吉良よし子両参院議員、宮本徹、笠井亮両衆院議員ら東京選出国会議員をはじめ、都議、地方議員を先頭に街頭で訴え。都内のあちこちでプラカードを掲げてスタンディングする市民の行動も広がり、SNSでその様子が拡散されるなど、支援の輪が急速に広がっています。

 ターミナル駅での蓮舫候補の街頭演説には、これまで各陣営が経験したことのないような大勢の聴衆が押し寄せ、大きな盛り上がりを見せています。

杉並区 女性の声を集め

 JR阿佐ケ谷駅前(杉並区)で行われた「女性の声が東京を変える at ASAGAYA」と題した街頭演説(6月29日)では、聴衆が駅前ロータリーを埋め尽くし、遠巻きに幾重もの人垣ができるほど。

 仮設ステージでは、市民連合の菱山南帆子氏の進行で日本共産党の田村智子委員長、社民党の福島瑞穂党首ら政党代表、杉並区の岸本聡子区長や女性の市民弁士が次々とマイクを握り、蓮舫氏への期待を熱く表明。「自民党の政治はもう嫌だという声に応える蓮舫さんを都知事にしよう」(田村委員長)との呼びかけに、共感の声援が飛びました。

 田村委員長は沖縄県で米兵による少女への性暴力事件が自民党政権によって半年間も隠蔽(いんぺい)されていたことに触れ、「政権の延命、我が身を守りたいだけの政治が日本をダメにしている。“裏金自民党”の応援を歓迎すると言った小池知事への一票は、自民党を喜ばせるだけだ」と強調。

 「裏金政治ど真ん中の自民議員」がやってきたことは、東京での優れた性教育を攻撃して押しつぶし、選択的夫婦別姓や同性婚を妨害し、LGBTQなど性的少数者への差別発言を繰り返してきたことだと批判。「ジェンダー平等、個人の尊厳を大切にする東京をつくるには、蓮舫さんを都知事にすることが求められている。都知事が代われば政治、東京が変わる。“私が私を大切にできる社会”へと大きく前進できる」と訴えました。

 社民党の福島みずほ党首は「男性に輪を掛けて女性はもっと生きにくい。女性が当たり前に働き、子どもを食べさせるだけの賃金が得にくい東京を“蓮舫都知事”で変えよう」と呼びかけました。杉並区の岸本聡子区長は女性が多い福祉の現場で従事する若者への奨学金返済支援や、都の専門職の正規化など蓮舫候補の公約を高く評価。「都の政策は他の自治体の未来に大きく影響する。私企業の利潤・目的のための再開発ではなく、対話による合意形成の道を開いてほしい」と述べ、ボトムアップの民主主義を主張する蓮舫候補に期待を寄せました。生活者ネットの岩永やす代都議も訴えました。

 看護師や気候変動運動に取り組む大学生、都のスクールカウンセラーの雇い止めにあった女性、ライターの和田静香氏もマイクを握りました。

 最後に登場した蓮舫候補は、小池都政の少子化対策は婚活アプリの開発など「結婚させようとする政策」だと指摘。「結婚する選択、しない選択、全ての選択と全ての決断と全ての人を等しく応援するのが、東京都の多様性、知事の仕事だ」と述べ、選択的夫婦別姓制度が実現するまで都の「パートナーシップ宣誓制度」を異性カップルでも使えるように変えていくと訴えました。

 その後、聴衆の間を握手やハイタッチしながら歩き、聴衆からは蓮舫コールが沸き起こりました。

「全ての選択を応援する都政を」(女性宣伝で)
新公約を発表「外苑」都民投票

 蓮舫候補は6月29日、港区の神宮外苑前で記者会見し、小池百合子都政のもとで多数の樹木を伐採し、超高層ビルを建設する外苑再開発について、都民に賛否を問う「都民投票」を都議会に提案すると発表しました。

 蓮舫氏は「私が知事に選ばれたら、再開発の賛否を問う史上初の『都民投票』を都議会に提案し、その民意を背景に事業者と真摯(しんし)に向き合いたい」と述べています。

羽田新ルート見直しも

 蓮舫氏は、小池都政が推進する航空機が都心の低空を飛行し、都民から落下物の危険や騒音被害で批判があがる「羽田新ルート」について街頭演説で、「見直しを早期に国に申し入れたい」と表明しました。

 都知事選・都議補選は7日、投開票です。都知事選は市民と野党の共闘で推された蓮舫候補(無所属、新人)が、自民、公明、都民ファーストなどが支援する現職の小池百合子氏(無所属)を猛追し、最後の奮闘が勝敗を分ける激戦のまま最終盤に突入しました。

蓮舫知事支える力 都議補選で大きく

 日本共産党は中野区で長沢和彦(62)、江東区で大つきかおり(57)、板橋区で竹内愛(47)、北区でせいの恵子(50)=いずれも前区議、新人=の各氏を擁立。府中市で甲田直己候補(69)=1級建築士、新人=を支援。全員当選を目指す日本共産党は、都政転換を目指す蓮舫知事の実現とともに、蓮舫知事を支える共産党議員団(現有19議席)をより強く大きくしてほしいと訴え、支持拡大に全力をあげています。

東京民報2024年7月7日号より

関連記事

最近の記事

  1.  都知事選と都議補欠選挙(いずれも7日投開票)の結果を受け、日本共産党都委員会常任委員会が発表した…
  2.  革新都政をつくる会は10日、都知事選(7日投開票)を受けた声明を発表しました。  声明は…
  3. 都議会 新しい会派構成に  都議補選の結果、新しい都議会の構成(計127人)は以下の通り(カ…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 核禁条約 日本の参加、1日でも早く 署名累計156万人超に …
  5. プラスターを持ち訴え  朝ドラ「虎に翼」の主人公、寅子の「おかしいと声を上げた人の声は決して…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る