八王子市議会 核禁止条約の批准を 意見書を可決、自民は反対

八王子市議会は6月26日、「核兵器禁止条約への署名、批准を求める意見書」を賛成多数で可決しました。自民党は反対しました。

 核兵器禁止条約は2017年7月、122カ国の賛成で国連で採択され、核兵器の開発、実験、製造、備蓄、委譲、使用、使用の威嚇など、核兵器に関わる活動を全面的に禁止し、廃絶を目指す画期的なもの。唯一の戦争被爆国である日本は、採決に不参加で署名、批准もしていません。条約は50カ国が批准した後、90日を経て発効しました。今年6月1日現在、70カ国が署名し、23カ国が批准しています。

 意見書は「核兵器は絶対に使用してはならない究極の大量破壊兵器であり、核兵器の廃絶は世界の市民の切なる願いである」とし、「核兵器のない世界を実現する道筋を開いた本条約の早期発効を多くの市民が待ち望んでいる」と強調。政府に対し、核兵器禁止条約に署名し、批准することを強く求めています。

 都内では小金井、狛江、調布、三鷹、武蔵野の5市議会が、同趣旨の意見書を可決しています。

(東京民報2019年7月7日号に掲載)

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る