共産党都議団 「公私混同の選挙活動」に抗議 都公式チャンネルを利用〈7月5日号より〉

 東京都が新型コロナウイルス感染症をめぐって、小池百合子知事による人権啓発動画を公式動画チャンネルで6月22日から流したことに対し、共産党都議団の大山とも子団長は23日、「新型コロナウイルス対策の選挙利用と言われても仕方ない」とする抗議談話を発表し、直ちに改めるよう求めました。

 談話では知事自ら新型コロナによる差別をやめるよう人権啓発をするのは大事だとしつつ、知事選が行われている最中であり、「都として人権啓発映像を流すなら、小池知事の名前と顔を売り込むようなものにすべきではない」と指摘。

 小池知事が知事選の告示第一声(18日)を都庁内で行ったことについても、「公務と政務・選挙を区別できない公私混同ではないか」との批判や疑問の声が上がっているとし、「新型コロナ対策の自らの政治的思惑への利用、公私混同した選挙活動」を直ちに改めるよう強く求めています。

(東京民報2020年7月5日号より)

関連記事

最近の記事

  1. 決意を語る周東氏  狛江市長選(6月19日告示、26日投票)で、日本共産党も参加する「豊かな…
  2. 文京区 高騰受け給食費補助  文京区教育委員会は17日、小麦粉や油などの食材費値上がりを受け…
  3. 1週間の状況と、人口10万人当たり増加数(東京都発表データをもとに、東京民報作成) …
  4.  中野区長選が23日開票(22日投票)され、無所属で現職の酒井直人氏(50)=日本共産党、…
  5. 1面2面3面4面 【1面】 政治動かす「欠かせぬ議席」 共産党「比例百万で山添再選必ず」…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る