フラッシュ@TokyoWeb版 女子医大労組 大量退職報道で談話、文京区 保育園感染増で要請、調布墜落事故 2社に賠償命令など〈7月26日号より〉

女子医大労組 大量退職報道で談話

 東京女子医科大学労働組合は16日、「夏期一時金が支給ゼロ」で「大量の看護師が退職を希望」などの報道を巡って、「事実も趣旨も異なる報道内容になっているのは非常に残念」との談話を発表しました。

 同労組は談話で「定期昇給なし、一時金支給なし、一時帰休による賃金カットなどが看護師の退職希望につながっている」のは言うまでもないことだとしつつ、「単に『コロナ禍の影響による収支悪化=人件費削減』という単純なものではない」と強調。

 今の事態は「2014年に発生した医療事故と特定機能病院の認定取り消し以降、大学理事会が『設備投資優先=教職員の待遇改善無視』という経営姿勢を強めてきたこと」を発端に、5年間で一時金を40%近くカット、18、19年の2年連続「50%昇級」押しつけなど、大がかりな人件費削減にあると指摘。さらに、「職員への傲慢ごうまんかつ一方的な運営や対応、偽説明、そして忖度人事」などの大学理事会の対応が「最後のダメ押し」となったとし、「当然の帰結である」とのべています。

 その上で「ことの本質を理解しないままの過剰な報道は、現場で働いている教職員に誹謗中傷等や、その他大きな影響を及ぼすのではないか」との危惧を表明しています。

文京区 保育園感染増で要請

 文京区では10日、区立保育園で保育士、園児の新型コロナウイルスの感染が判明し、15日現在、PCR検査を113人に実施、そのうち陽性者は保育士7人、園児26人の集団感染が起きています。区立小学校でも感染者が出ており、区民から不安の声があがっています。

 こうした深刻な事態が広がるもと日本共産党区議団は16日、成澤廣修区長と加藤裕一教育長に対し、以下の要請を行いました(写真)。

 ▽濃厚接触者に限定しているPCR検査を今後も含め関係者全員に対象者を拡大すること▽施設、地域を限定し、住民も対象にPCR検査を行うこと▽介護・医療従事者、障害福祉関係の労働者、保育士や学校の教職員などを対象に、定期的なPCR検査を実施すること▽PCR検査を受けた人数と陽性・陰性者数、入院・隔離者数、回復者など、都に報告している内容を区民に公表するなどの適切な情報公開。

武蔵野市 都協力金対象外にも

 武蔵野市は都の感染防止対策協力金の対象外だった市内の製造業、建設業、農業、情報通信業、運輸業、広告業などを対象にした「感染拡大防止インフラ中小企業者等支援金」の受け付けを8月3日から始めます。

 1事業者当たりの給付額は、法人30万円、個人事業主15万円。約900事業者が対象となり、市内で複数の事業所を運営する場合は、給付金は2倍となります。申請受付は8月3日~10月30日で、2週間前後で給付するとしています。

調布墜落事故 2社に賠償命令

 調布市で2015年、小型機墜落事故で自宅が全焼し長女(当時34歳)を亡くした母親(64)が、都や機体の管理会社などに約9500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、東京地裁でありました。

 加本牧子裁判長は機長が所属していた「シップ・アビエーション」(調布市)と機体の管理・整備会社「日本エアロテック」(同)に過失を認め約7500万円の支払いを命じる一方、飛行場の使用許可を出した都への請求は「都の対応が不合理だったとはいえない」などとして、棄却しました。原告の母親は都への判決について、「納得できない」とコメントしました。

(東京民報2020年7月26日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  都立学校の教職員15人が原告となり、卒業式や入学式などで「君が代」の起立斉唱をしなかったことに対…
  2.  日本共産党都議団は4日、PFAS(有機フッ素化合物)汚染の国連人権理事会の報告書に対する都のコメ…
  3. 防衛省の担当者に抗議文を手渡す(左から)宮本、山添の各氏と関口えり子あきる野市議=3日、千代田区 …
  4.  東京母親大会連絡会は4日、岸田文雄首相にあてて、「沖縄・少女暴行事件の隠ぺいに強く抗議し、日本政…
  5.  大型道路の新設・拡幅など、東京都建設局が用地買収を行う際、国が定める土地収用法に基づく「建設局土…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る