未来を照らす新さるびあ丸 コロナ禍で不安広がるなか〈8月9,16日合併号より〉

 春休み、ゴールデンウイーク、夏休みと、たくさんのお客さんでにぎやかな島を思い描いていたところに、このコロナ!。観光に多くを頼る島の暮らし。ゴールデンウイークの来島者は、前年比1%~数%でゼロに等しく、島の経済は底が抜けてしまいそうです。

 多くのお客さんに来てもらいたいがもろ手を挙げてというわけにもいかず、ある民宿のおかみさんは「飢え死にするかコロナで死ぬかだね」と話していました。地元で検査もできず、脆弱な医療体制で、感染症に対する備えを持たない離島での暮らし。島民の新型コロナに対する恐怖は、はかり知れません。

 「GoToトラベル」に対しても「安倍さんは何を考えてるの。やることが逆でしょ」と強い批判の声が上がっています。今回の事態は、島で暮らす私たちに、島の産業の在り方、医療の現状や国の政治について考える機会を与えてくれました。

 大変な日々を送る中、島の未来を照らすがごとく、6月25日から、新造大型客船3代目さるびあ丸(写真)が就航しました。2代目と比して、100トン大きくなり、ハイブリッド、バリアフリーで、内装も段違いで、ゆったり、楽しい船旅ができます。新型コロナが終息した折には、新島・式根島をはじめ、「東京の島」へ多くの方が訪れてくれることを心より願わずにいられません。(通信・綾とおる=新島村議)

(東京民報2020年8月9,16日合併号より)

関連記事

最近の記事

  1.  「世界の有力国で、将来の指導者をCIAが選んだ最初の国は日本だった」▼情報公開された文書やインタ…
  2. 8 月、子どもたちとのぶどう狩りで  「園でどんぐりの闇取引が横行しているらしく、息子が毎日…
  3. NEXCO東日本の対応について記者会見で話す被害住民ら=11日、調布市  東名高速道路と関越…
  4.  日中友好協会港支部は11日、アイヌ文化の継承活動を精力的に行っている若手の活動家・関根摩耶さんと…
  5.  この本は、良心的な心の糧になる本を出し続けている本の泉社が、山本周五郎の「人情ものがたり」を描い…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る