千代田区長 区議会「解散」を撤回 マンション疑惑隠しが破たん〈2020年8月23日号より〉

 千代田区の石川雅巳区長が、区議会による同氏の刑事告発を受けて、議会「解散」を一方的に宣言していた問題で、石川氏は12日、「解散」の撤回を表明し、「区民と議会に多大なるご心痛をかけたことを、深くおわびします」と述べました。

 石川氏が、一般には売り出されない「事業協力者住戸」と呼ばれるマンションを優遇購入した問題を追及する百条委員会で、虚偽の発言をしたとして区議会から偽証罪で刑事告発されたもの。石川氏は刑事告発議決を「不信任とみなす」として、議会「解散」を宣言しました。

 全区議25人が「解散」の無効確認を求めて、仮処分を申請。東京地裁は7日、「解散」の効力を停止する決定を出していました。

 日本共産党区議団は、区長の「解散」通知に対して、「最大の目的は、百条委員会の調査を妨害し、真相を闇に葬ること」と指摘。「区政の私物化も極まったと言わざるを得ない」と厳しく批判していました。

(東京民報2020年8月23日号より)

関連記事

最近の記事

  1. 文京区 高騰受け給食費補助  文京区教育委員会は17日、小麦粉や油などの食材費値上がりを受け…
  2. 1週間の状況と、人口10万人当たり増加数(東京都発表データをもとに、東京民報作成) …
  3.  中野区長選が23日開票(22日投票)され、無所属で現職の酒井直人氏(50)=日本共産党、…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 政治動かす「欠かせぬ議席」 共産党「比例百万で山添再選必ず」…
  5. アクセス数、記事トップ10 ① 「住民追い出す道路やめて」 品川区 29号線裁判が弁論終結 …

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る