「新しい政治つくるとき」 首相が任期途中の辞意表明 共産党が各地で訴え〈9月6日号より〉

 安倍晋三首相は8月28日、首相官邸で記者会見し、持病の潰瘍性大腸炎の再発により、「病気と治療を抱え、体力が万全でない。国民の負託に自信を持って応えられる状態ではなくなった」と述べ、辞意を表明しました。新型コロナウイルスの感染拡大を抑える対応、経済や国民生活の立て直しをはじめ、政権運営が深刻な行き詰まりを見せる中、来年9月までの自民党総裁任期を1年間残しての辞任です。

 安倍首相の第2次政権での在任期間は7年8カ月余りで、24日に歴代最長を記録したばかりでした。第1次政権に続く、任期途中での辞任です。

街頭で訴える、ほその東京2区予定候補(中央)と、福手都議予定候補(左)ら=8月29日、文京区

 会見で安倍氏は、任期中の成果として、集団的自衛権の行使を可能にした安保法制=戦争法の制定などをあげました。

 繰り返し意欲を示した「任期中の改憲」については、「残念ながら、国民的な世論が十分に盛り上がらなかった」と発言。その一方、「誰が総裁になっても取り組んでいかれるだろう」として、次期政権に引き継がせることへの意欲を示しました。

 森友・加計問題、「桜を見る会」などの国政私物化疑惑をめぐっては、「政権を私物化したというつもりは全くない。国会で長時間、答弁している」と否定しました。

 日本共産党は、辞任表明を受け、都内各地で街頭演説などの訴えに取り組みました。

 文京区では29日、、小石川のスーパー前で、ほその真理衆院東京2区予定候補、福手ゆう子都議予定候補らが緊急の街頭宣伝。市民と野党の連合政権を作ってこそ、立憲主義を回復し、政治の私物化を克服できるとして、自公政権からの転換を訴えました。

辞職で終わりじゃない コメディアン 松元ヒロさん

松元ヒロさん

 安倍首相は、「体調が悪化した」ことを理由に辞めましたが、「国政が悪化した」時にこそ、辞めてほしかった。国民のことを本当に考えているなら、この7年8カ月の間に、辞めるべきタイミングが、たくさんあったと思います。

 体調不良は数カ月前から、はっきりしていたというのに、佐藤栄作さんの在任記録を抜くまで、辞任を表明しなかったことも、最後まで国民中心ではなく、自分中心の人だったんだと、あきれます。

 我が家の道路に面した壁にずっと貼っている「アベ政治を許さない」のポスターに、カミさんが「辞めても!!」と、手書きで一言、書き加えていました。

 辞職で終わりではありません。何か問題が起きるたびに「責任を痛感する」と言い続けたのに、一度も取らなかった責任を、きちんと取ってもらわなくてはいけません。

 安倍首相は、ずっと改憲を目指してきたのに、ついに強行できませんでした。けれども、自民党が改憲をあきらめたわけではないので、ふんどしを締めなおさなくては。 辞任表明の後にあったライブでも、「憲法くん」(日本国憲法を人間に見立てた一人芝居)をやってくれと言われました。みなさんも同じ気持ちなんだと思います。

 コロナ禍のなか、世界のみんなが仲良く協力して、情報を共有して、ワクチンも早く作ろう。これこそ、日本国憲法の精神ではないでしょうか。

 アベ政治を引き継ごうとする人たちの中でのたらい回しではなく、憲法を生かす政治に変えることが、いま本当に大切だと思います。

(東京民報2020年9月6日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  日本共産党の清水とし子都議は9月29日の都議会一般質問で、東京の農業と農地を守り発展させるための…
  2.  都議会本会議で小池百合子知事の所信表明に対する代表質問が9月28日、一般質問が29日に行われ、都…
  3. 国会前で国葬に抗議の声を上げる人々=9月27日、千代田区  岸田文雄政権が安倍晋三元首相の…
  4.  品川区長選(立候補6人)は2日、投開票されたものの、6人の候補者がいずれも法定得票数(有効投票総…
  5. 小金井市 市長専決に抗議声明 小金井市の西岡真一郎市長は9月29日、市立保育園3園を廃園にす…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る