フラッシュ@TokyoWeb版 世田谷区 2万3千人を対象に検査、練馬区 PCR検査に助成〈9月6日号より〉

世田谷区 2万3千人を対象に検査

 世田谷区の保坂展人区長は8月24日の記者会見で「世田谷モデル」の実施を目指し①従来のPCR検査(区内医療機関、医師会、保健所での感染の疑いや濃厚接触者の検査)を、1日300件を600件程度に拡大②社会的検査として介護事業所で働く職員約1万2000人と、保育園、幼稚園職員1万1000人、特養ホーム入所予定者など合計約2万3000人を対象にPCR検査を実施すると明らかにしました。

 従来の検査拡大は、新たな検査機器の設置などで検査機関の短縮化を図り、医師や看護師、医師会や検査機関への委託費など必要経費約8億5000万円を第3次補正に計上するとしました。

 また社会的検査については1日約1000人を検査し、まず9月中旬の開始をめどに介護職員から始め、プール検査を実施。検体採取のための会場設置や施設訪問などを想定し、陽性者へのフォロー体制の拡充や国の接触アプリCOCOAの勧奨も行います。

 社会的検査のための必要経費4億1400万円も第3次補正予算に計上するとしています。同区では、社会的検査の実施には「場所」「人材」「財源」の確保が重要で、ふるさと納税による寄付や民間の支援も必要と強調。PCR検査の拡充には国や都の協力は欠かせないとしています。

練馬区 PCR検査に助成

 練馬区は8月18日に第3次補正予算8億527万円を専決処分しました。現在練馬区では、区内5カ所の医療機関に接触者外来が設置され、さらに7月からは区内100以上の診療所で唾液でのPCR検査を実施しています。

 同区はこれらを踏まえて①改めて9月中から医師会に委託してトレーラーハウスによるPCR検査検体採取センターを設置②診療所等へのPCR検査費用の助成③高齢者や障害者施設への新規入所者に対する施設独自のPCR検査費用の助成(補助上限1件4万円で、新規入所者860人を想定)④感染者の入院受け入れをしている区内4病院への支援として、4~6月の減収補填の外来患者減少1人につき1万円、入院患者減少数1人につき1万6000円の補助、7月以降の陽性患者受け入れ1人につき10万円、疑い患者受け入れ1人につき2万円。PCR検査1件につき3500円の補助などを盛り込んでいます。


(東京民報2020年9月6日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る