【アーカイブ】明日への歩み伝える舞台に 前進座公演「残り者」 大奥 最後の日に居残る5人〈2020年9月6日号より〉

 劇団前進座は10月に、都内4つの劇場で「残り者」を公演します。幕府から新政府への「江戸城明け渡し」で迎えた大奥最後の日、大奥に居残ることになった、5人の女性と、1匹の猫の物語です。作家の朝井まかてさんの同名小説が原作(演出=鵜山仁)。脚本を担当した朱海青さん、出演する浜名実貴さんが対談で語り合います。(荒金哲 写真・五味明憲)

女性が活躍できる作品、と

 ―この小説を舞台化することになった経緯は。

 朱 前進座の公演企画を検討する会議で、文芸演出部員の男性から提案があったんです。前進座の女性陣が活躍できる作品になるのでは、と。

 大奥の物語というと、どろどろの愛憎劇というイメージがありますが、この小説はまったく違って、大奥で働く女性たちの姿に、現代の女性も共感できるような物語だと感じました。

 浜名 私が演じる「りつ」は、14代将軍の御台所(妻)だった天璋院(篤姫)の衣装を縫う「御針子」です。天璋院がある時、りつが縫った衣装を「不思議と着心地が良い」と言ってくれた。そのことに誇りを持ち、いわば専門職である御針子として、大奥で生きてきました。

りつを演じる浜名さん
前進座へのあたたかい支援にこたえられる舞台にしたい、と話す浜名さん

 ―食事づくりが担当の「膳所の御仲居(なかい)」、外部の商人らとの売買交渉を担当する「御表使(おもてづかい)」など、当時の大奥は、いわばキャリアウーマンたちの集団だったんですね。

 朱 将軍の寵愛を求めて競い合う女性たちは、大奥のほんの一部でした。江戸幕府にやとわれ、そこを職場として働き暮らす女性たちが、大半です。

 浜名 多い時には、1千人もの女性がいたといいます。りつは、貧しい武家の出身ですが、町場から行儀見習いで来る女性もいる。いろんな出自の人が集まっていることも、驚きでした。

居場所を奪われて

 ―大奥は「私たちの家だった」という言葉が出てきます。それが、幕府と新政府との、政治と戦争によって奪われる、そんな一日を描いています。

 朱 自分の居場所として、ずっとあり続けると思っていたものが、ある日、なくなる。「えーっ、聞いてないよ!」という感じでしょうね。

 浜名 偶然が重なったり、猫を探していたり、それぞれが「残り者」となる理由は、さまざまです。たまたま集まったのに、一晩をともに過ごすなかで不思議な連帯が生まれます。

 朱 身分社会で、専門職がはっきりと区分されている大奥では、普段だったら会話もしなかったでしょうね。ですから、最初は、さまざまな対立も生まれます。

脚本の朱さん
コロナ禍の自宅待機のなかで、芝居をつくる意味を考えさせられたと振り返る朱さん

 ―特に、りつと同じ御針子で、京都からきた「もみぢ」は、最初は不協和音ばかり生み出す、すごく嫌な人に見えます。

 浜名 毎日、もみぢさんに、いじめられています(笑)。だけど、互いのことを知るうちに、りつはもみぢが、一見、全く違う生き方をしているのに、大奥で生きてきた思いは一緒なんだと気づいていきます。

 朱 女性たちの生きてきた居場所が最終的に奪われてしまうこと自体は、変わらないけど、偶然集まった5人が、互いを知る中で、明日に向かっていこうという気持ち、未来への約束めいたものが生まれていきます。

 日本社会は、「一致団結」が重んじられ、同調圧力が強いといわれるけど、互いにさまざまな人生があるんだと知るなかで、仲間としての思いがわいてくる。「多様性のなかの連帯」を感じます。その姿から、観る人が「明日も頑張っていこう」という気持ちになってもらえたらと思います。

残り者のポスターと
「残り者」のポスターとともに、前進座の稽古場(武蔵野市)で

あたたかい支援が

 ―コロナ禍で、前進座も5月の国立劇場公演の中止など、大きな影響を受けました。

 朱 自宅待機の期間中、芝居を演じる意味とか、色々なことを考えさせられました。また、国立劇場公演中止を受けて、全国からの募金など物心両面のあたたかい支援を寄せていただきました。今、改めて舞台をやるからには、心して作りたい。明日へ一緒に進んでいこう、そんな思いを伝えられる舞台にしたいと思います。

 浜名 さまざまな劇団が、舞台公演のあり方を模索しています。稽古も、マスクを着けたままだったり、普段は感じないようなことをさまざまに感じさせられます。その一つひとつを大切に、前進座に寄せていただいた、大きな支援にこたえられる舞台を作り上げたいと思います。

(東京民報2020年9月6日号より)

〈アーカイブ版、追記=2022年2月1日〉前進座公演「残り者」の舞台を収録したDVDが販売されています。問合せは前進座、またはDVD販売ページ

関連記事

最近の記事

  1.  都立学校の教職員15人が原告となり、卒業式や入学式などで「君が代」の起立斉唱をしなかったことに対…
  2.  日本共産党都議団は4日、PFAS(有機フッ素化合物)汚染の国連人権理事会の報告書に対する都のコメ…
  3. 防衛省の担当者に抗議文を手渡す(左から)宮本、山添の各氏と関口えり子あきる野市議=3日、千代田区 …
  4.  東京母親大会連絡会は4日、岸田文雄首相にあてて、「沖縄・少女暴行事件の隠ぺいに強く抗議し、日本政…
  5.  大型道路の新設・拡幅など、東京都建設局が用地買収を行う際、国が定める土地収用法に基づく「建設局土…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る