菅氏が自民党新総裁に 共産党 比例候補総選挙勝利へ全力〈9月20日号より〉

 任期途中で辞任した安倍晋三氏の後継を選ぶ自民党総裁選は、14日に投開票が行われ、菅義偉官房長官が新総裁に選ばれました。

 菅氏は当選後のあいさつで、「安倍総理の取り組みを継承して進めていかなくてはいけない」と訴え、安倍政治を全面的に引き継ぐことを明確にしました。

 また、「目指す社会像は自助、共助、公助、そして絆。まずは自分でできることは、自分でやってみる。そして地域や家族で互いに助け合う。その上に立って政府がセーフティーネットでお守りする」と提起。まず自己責任を強調し、公的な支援は最後に限られた範囲で、という自己責任論重視の姿勢を強調しました。

強まる早期解散論

 菅首相の誕生で「ご祝儀」の支持率上昇が見込めるうちに総選挙に打って出るなど、早期解散論が自民党内に強まり、いつ衆院解散があってもおかしくない緊迫の状況です。

 日本共産党都委員会は、「衆院選で安倍政治に審判を下し、自民党政治に変わる新しい政治を」と比例候補の4氏を先頭に、総選挙勝利に全力を挙げています。

 12日と13日の週末は、4氏がそれぞれ、都内を駆けめぐりました。

 笠井亮衆院議員は13日、建交労東京労働者後援会の集まりや、小平・西東京の青年つどいに参加し、「安倍政治に代わる新しい政治を、市民と野党の共闘勝利と日本共産党躍進で」と訴えました。医師の谷川智行氏(東京4区重複)は13日、看護師の藤田りょうこ都議とともに、大田区内で新型コロナ拡大の現状や、対策の課題などを学ぶ学習会を開きました。

 宮本徹(東京20区重複)、池内さおり(東京12区重複)も、それぞれの選挙区などで街頭宣伝に取り組みました。

(東京民報2020年9月20日号より)

関連記事

最近の記事

  1. 決意を語る周東氏  狛江市長選(6月19日告示、26日投票)で、日本共産党も参加する「豊かな…
  2. 文京区 高騰受け給食費補助  文京区教育委員会は17日、小麦粉や油などの食材費値上がりを受け…
  3. 1週間の状況と、人口10万人当たり増加数(東京都発表データをもとに、東京民報作成) …
  4.  中野区長選が23日開票(22日投票)され、無所属で現職の酒井直人氏(50)=日本共産党、…
  5. 1面2面3面4面 【1面】 政治動かす「欠かせぬ議席」 共産党「比例百万で山添再選必ず」…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る