都民運動で都政動かそう 革新都政の会 都議会を前に宣伝行動〈9月27日号より〉

訴えるそね都議=17日、新宿区

 小池都政2期目で初の本格論戦の場となる都議会の開会日(18日)を前に、革新都政をつくる会は17日、新宿駅西口で都政の転換を訴える街頭宣伝に取り組みました。

 日本共産党の、そねはじめ都議があいさつ。7月の都知事選後、都議会論戦に立ってこなかった小池知事を批判するとともに、今回の補正予算案で高齢者施設や障害者施設でのPCRの全員検査が盛り込まれたことを紹介。「都民の運動が都政を動かした。さらなる検査拡大を求めていこう」と呼びかけました。

 労働運動、女性、中小業者、青年など各分野からの参加者が、コロナ禍で広がる困難と、運動の広がりを発言しました。

(東京民報2020年9月27日号より)

関連記事

最近の記事

  1. 文京区 高騰受け給食費補助  文京区教育委員会は17日、小麦粉や油などの食材費値上がりを受け…
  2. 1週間の状況と、人口10万人当たり増加数(東京都発表データをもとに、東京民報作成) …
  3.  中野区長選が23日開票(22日投票)され、無所属で現職の酒井直人氏(50)=日本共産党、…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 政治動かす「欠かせぬ議席」 共産党「比例百万で山添再選必ず」…
  5. アクセス数、記事トップ10 ① 「住民追い出す道路やめて」 品川区 29号線裁判が弁論終結 …

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る