学術会議介入「学問の自由奪う」 東京革新懇が抗議の宣伝〈10月25日号より〉

全国・東京革新懇による宣伝=19日、新宿区

 全国革新懇と東京革新懇は19日、新宿駅西口で菅義偉首相による日本学術会議への人事介入に抗議する合同街頭宣伝を行いました。東京の地域革新懇、賛同団体などから24人が参加し、署名活動とビラ配布をしました。

 代表世話人各氏がマイクを握りました。法政大学名誉教授の五十嵐仁さんは、「学問の自由を奪う今回の行為は、菅首相の強権政治の本性を明らかにした」、日本民主青年同盟委員長の小山農さんは、「菅内閣の危険性を浮き彫りにした。国民の意見を聞かず、自助を押し付ける政治に青年の未来を託せない。野党連合で政治をかえよう」と、訴えました。

 全労連前議長の小田川義和さんは「コロナ再拡大のなかPCR検査の拡充もせず、GOTOキャンペーン。学術会議問題で抗議が広がると学術会議のあり方にすり変える。こんな政治は終わらせよう」と呼びかけました。

(東京民報2020年10月25日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  参院選(7月10日投開票)に挑む各国政政党に対し、さまざまな社会問題に取り組んでいる市民有志のグ…
  2.  「くらしと平和に希望をもてる日本に。あなたの率直な声がもっと国会に届くよう、憲法をいかし政治を動…
  3. 1週間の状況と、人口10万人当たり増加数(東京都発表データをもとに、東京民報作成) …
  4. 狛江市長選が6月26日投開票され、元JAXA宇宙科学研究所職員で新日本婦人の会狛江支部長の周東三和…
  5. あきる野市 村木市長が議会解散  あきる野市議会から不信任決議を受けた村木英幸市長(65)は…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る