学術会議介入「学問の自由奪う」 東京革新懇が抗議の宣伝〈10月25日号より〉

全国・東京革新懇による宣伝=19日、新宿区

 全国革新懇と東京革新懇は19日、新宿駅西口で菅義偉首相による日本学術会議への人事介入に抗議する合同街頭宣伝を行いました。東京の地域革新懇、賛同団体などから24人が参加し、署名活動とビラ配布をしました。

 代表世話人各氏がマイクを握りました。法政大学名誉教授の五十嵐仁さんは、「学問の自由を奪う今回の行為は、菅首相の強権政治の本性を明らかにした」、日本民主青年同盟委員長の小山農さんは、「菅内閣の危険性を浮き彫りにした。国民の意見を聞かず、自助を押し付ける政治に青年の未来を託せない。野党連合で政治をかえよう」と、訴えました。

 全労連前議長の小田川義和さんは「コロナ再拡大のなかPCR検査の拡充もせず、GOTOキャンペーン。学術会議問題で抗議が広がると学術会議のあり方にすり変える。こんな政治は終わらせよう」と呼びかけました。

(東京民報2020年10月25日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る