衆院議員レポート 笠井亮 さぁ、折り鶴バッジの内閣を〈11月8日号より〉

 おめでとう核兵器禁止条約!来年1月22日発効へ。歴史は、どんな試練や妨害があろうと大義あるものは乗り越え、動くときには動く。広島・長崎への原爆投下から75年もの歳月がかかりましたが、被爆者の命がけの訴え、思いを一つにした市民社会と政府、国連の共同が、歴史的快挙に実りました。

 私自身、入党から、国際青年運動、国会論戦、野党外交まで、つねに自らをふるい立たせてきた人生のテーマでした。「あの悲劇を二度と繰り返すな」という母の被爆体験を語り続け、50数カ国を訪れ、核兵器廃絶を訴えてきました。多くの共感とともに、ぶつかったのが、「それは夢物語、理想論」「まず凍結、削減」「ソ連の核兵器は正しい」の声、「リメンバー・パールハーバー」も度々聞きました。

 どんな時も、核戦争阻止・核兵器廃絶・被爆者援護連帯を譲れぬ課題、人類的大義として一貫して掲げてきた原水爆禁止運動があり、心張棒しんばりぼうとして頑張りぬく日本共産党が唯一の戦争被爆国にある。その一員たることを、今ほど誇りに思うときはありません。

 米中など核保有国が、禁止された核兵器にしがみつくのは「国際法違反」とズバリ言え、大国が世界を支配する時代はいよいよ終わりを告げています。

折り鶴バッジを胸に

 ここ日本でこそ、「条約に署名する考えはない」とハンコを押したような答弁に終始する菅政権をとりかえる時。首相と全閣僚が「折り鶴バッジ」を胸につける内閣をつくるため、ますますファイトを燃やしています。(日本共産党衆院議員)

(東京民報2020年11月8日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  「世界の有力国で、将来の指導者をCIAが選んだ最初の国は日本だった」▼情報公開された文書やインタ…
  2. 8 月、子どもたちとのぶどう狩りで  「園でどんぐりの闇取引が横行しているらしく、息子が毎日…
  3. NEXCO東日本の対応について記者会見で話す被害住民ら=11日、調布市  東名高速道路と関越…
  4.  日中友好協会港支部は11日、アイヌ文化の継承活動を精力的に行っている若手の活動家・関根摩耶さんと…
  5.  この本は、良心的な心の糧になる本を出し続けている本の泉社が、山本周五郎の「人情ものがたり」を描い…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る