次の知事選へ体制強化を 革新都政の会が総会〈2020年11月15日号より〉

 革新都政をつくる会は4日、定期総会を千代田区内で開き、7月の都知事選で生まれた共闘を発展させ、「都民が主人公の都政の実現」を目指す活動方針を決めました。

 都知事選候補として大健闘した宇都宮健児・日弁連元会長、市民と野党の共闘による都政転換を呼びかけた「呼びかけ人会議」の永山利和・日本大学元教授があいさつ。宇都宮氏は「選挙は社会運動です。都政を変える運動を、皆さんと共に頑張っていきたい」と呼びかけました。日本共産党の原のり子都議が都議会報告しました。

あいさつする宇都宮氏=4日、千代田区

 中山伸事務局長は、「都内の25小選挙区すべてで、宇都宮選対がつくられ、草の根からの選挙戦を展開することができたのは画期的」と報告。「小池知事は、任期について明言を避けており、いつ都知事選があってもたたかえる、強固な『市民と野党の共闘』とその推進力となる、革新都政をつくる会の強化が求められている」と提起しました。

(東京民報2020年11月15日号より)

関連記事

最近の記事

  1.   (江東区 亀戸天神など) 亀戸赤からし市は亀戸天神など4か所で7月から8月に4日間…
  2. 志半ばで昨年他界した仲間の写真を抱え参加する人の姿も=6月21 日、江東区  「稲盛和夫会長…
  3.  東京国税局に勤務していた原口朋弥さんは2021年6月、分限処分(ことば)で免職の辞令を交付され国…
  4.  森成麟造(1884─1955)は新潟県東頸城郡真荻平村(現上越市安塚区)の生まれ。父の章…
  5. 裁判所に向かいパレードする原告団と弁護団ら=6月20日、立川市  米軍横田基地(福生市など多…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る