〈一分11月29日号〉 政府の一連の需要喚起政策「GoTo」事業について、菅首相が21日、ようやく見直しを表明しました…

 政府の一連の需要喚起政策「GoTo」事業について、菅首相が21日、ようやく見直しを表明しました。全国的に都市部を中心に感染の急拡大が起こる中、都医師会長が感染者増に「人の移動が活発になったことが影響している」と述べるなど、多くの専門家が全国一律の実施を見直すよう求めていました▼観光業界を支援するGoToトラベル事業は、観光政策に熱心な菅首相の肝いりとされます。23日に都内であった講演でも、菅氏は「GoToトラベルは、延べ4000万人が利用した。そのなかで感染者数は約180人だ」として、感染拡大の責任を回避しました▼医師会が「我慢の三連休に」などと呼びかける一方、政府の「GoTo」事業の見直し表明が連休直前になるなかで、11月21日〜23日の三連休は、各地の観光地で、コロナ禍の前をも上回るほどの人出だったところもありました。政府は、「GoTo」の見直しも「まずは知事が判断してほしい」と判断を地方に丸投げしています▼「GoTo」事業による感染者数が少ないのも、PCR検査の数が非常に少なく、感染ルートが見えていないことが影響しているでしょう。安心して旅行できる環境を整えるためにも、徹底した検査と感染者の保護が、欠かせない課題です。

〈東京民報2020年11月29日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る