憲法違反の工事を止めて 東京外環訴訟で口頭弁論〈12月6日号より〉

 東京外かく環状道路(東京外環道)の本線工事差し止め訴訟の第9回口頭弁論が11月24日、東京地裁で行われました。東京外環道は住宅密集地の大深度地下にトンネルを掘り、東名高速道路と関越自動車道を結ぶ道路計画。これまで地上への影響と事業費の高騰などを理由に沿線住民が差し止め運動を行い、訴訟に発展しました。10月の調布市での市道陥没事故と地下空洞発見が続き、改めて注目を集めており傍聴は抽選となりました。

 弁論後、報告集会が衆院議員会館で行われ、日本共産党の宮本徹衆院議員と山添拓参院議員が参加しました。

 2回目の空洞が自宅のほぼ前で発見されたジャーナリストの丸山重威氏が発言。「もうすでにミキサー車が入り充填じゅうてんを開始しています」と報告し、「NEXCO東日本(高速道路株式会社)は『避難されるんでしたら準備をします』と夜に言ってきた。工事との因果関係は不明と言っていますが、つい1カ月前に完成した近隣住宅は地下40㍍のボーリング調査をして異常が見つかっていない」と告発しました。

あいさつする宮本氏=11月24日、千代田区

 また原告として法廷で訴えた國井さわ美さんは「国交省やNEXCOは工事を続けると思います。そして住宅のひび割れなどは経年劣化として、ほぼ補償しないでしょう。でも、(危険が明らかになった)今、沿線住民の声がたくさん集まって、まとまれば無視できないと思います」と力をこめました。

 弁護団から遠藤憲一弁護士が発言。「住民の足元でシビアな現象が起きている。野川の気泡も収束しない。国は環境調査はばっちりというが矛盾している」と強調しました。

 さらに裁判の焦点について、①大深度法が地上に影響なしとしつつ、重大な損害を与える財産権の侵害で憲法違反②人口が減少する中、事業評価を見直せば利益がなくなるために公共・公益性を失う―と指摘。2年前からの気泡発生以降、次々と異常が問題になっているのに、国の代理人は居直るような弁論しかできないと批判。権利侵害を浮き彫りにしました

 宮本議員は「事業の根底がくつがえる事態。陥没など人命が奪われかねない。力を合わせてストップさせよう」と参加者を激励。山添議員、立憲民主党の大河原まさ子衆院議員もあいさつをしました。

(東京民報2020年12月6日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  都立学校の教職員15人が原告となり、卒業式や入学式などで「君が代」の起立斉唱をしなかったことに対…
  2.  日本共産党都議団は4日、PFAS(有機フッ素化合物)汚染の国連人権理事会の報告書に対する都のコメ…
  3. 防衛省の担当者に抗議文を手渡す(左から)宮本、山添の各氏と関口えり子あきる野市議=3日、千代田区 …
  4.  東京母親大会連絡会は4日、岸田文雄首相にあてて、「沖縄・少女暴行事件の隠ぺいに強く抗議し、日本政…
  5.  大型道路の新設・拡幅など、東京都建設局が用地買収を行う際、国が定める土地収用法に基づく「建設局土…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る