再び「赤紙」配らせない 母親大会 太平洋戦争開戦日に宣伝〈12月20日号より〉

 東京母親大会連絡会(東京母親大会)は8日、太平洋開戦記念日にあわせて都内各地で宣伝行動を行いました。御茶ノ水駅前では労働組合などから25人が参加。道行く人に赤紙(旧日本軍の召集令状)の写真を掲載したチラシを配布して、マイクで反戦を訴えました。

反戦と核兵器廃絶を訴える参加者=8日、千代田区

 東京母親大会の木原秀子委員長は最初にマイクを握り「79年前の12月8日、日本軍がハワイの真珠湾への奇襲攻撃を行い、無謀な太平洋戦争に突入した日です」と切り出しました。

 その上で「この戦争で310万人の日本人と2000万人のアジアの人々が犠牲になりました。日本が再び戦争を起こすことのないよう、この日を忘れないために世界から核も基地もなくし、平和を守ろうと全国で一斉に訴えています」と述べました。

 参加者が次々と「大切な人を二度と戦地へ送ってはいけない」「技術は平和に役立てたい」などと、それぞれの立場から訴えかけました。

 寒空の中で平和への思いを胸に「ぜひ、核兵器廃絶署名に思いを託してください」と訴え、協力を呼びかけました。
(東京民報2020年12月20日号より)

関連記事

最近の記事

  1. 決意を語る周東氏  狛江市長選(6月19日告示、26日投票)で、日本共産党も参加する「豊かな…
  2. 文京区 高騰受け給食費補助  文京区教育委員会は17日、小麦粉や油などの食材費値上がりを受け…
  3. 1週間の状況と、人口10万人当たり増加数(東京都発表データをもとに、東京民報作成) …
  4.  中野区長選が23日開票(22日投票)され、無所属で現職の酒井直人氏(50)=日本共産党、…
  5. 1面2面3面4面 【1面】 政治動かす「欠かせぬ議席」 共産党「比例百万で山添再選必ず」…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る