少人数学級 自民が実現求める〈12月20日号より〉

 少人数学級の実現を求める世論が高まる中、自民党の三宅正彦都議は都議会代表質問(8日)で、「日本の未来を担う子どもたちのために、今こそ東京都が率先して少人数学級を実現すべき」だと強調。都として方針を明示し、国に対して要請すべきだと求めました。

 自民党が都議会で正面から少人数学級推進を求めたのは、少なくともこの20年間で初めてです。

会期延長の動議 都ファなど否決

 日本共産党の原田あきら都議は本会議(9日)で、新型コロナ感染拡大対策を十分に審議するため、補正予算案(総額2308億)を審議する特別委員会の設置、会期の5日間延長を求める動議を提出しました。

 共産党、立憲民主党、生活者ネット、自由を守る会が賛成しましたが、都民ファーストの会、自民、公明、東京みらいの各会派の反対多数で否決されました。


(東京民報2020年12月20日号より)

関連記事

最近の記事

  1. 文京区 高騰受け給食費補助  文京区教育委員会は17日、小麦粉や油などの食材費値上がりを受け…
  2. 1週間の状況と、人口10万人当たり増加数(東京都発表データをもとに、東京民報作成) …
  3.  中野区長選が23日開票(22日投票)され、無所属で現職の酒井直人氏(50)=日本共産党、…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 政治動かす「欠かせぬ議席」 共産党「比例百万で山添再選必ず」…
  5. アクセス数、記事トップ10 ① 「住民追い出す道路やめて」 品川区 29号線裁判が弁論終結 …

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る