JALは争議解決を早く 原告団 10年目前に会見〈12月20日号より〉

会見に参加した原告の代表ら=9日、千代田区

 JAL不当解雇原告団らは9日、「ジェンダー平等の運動とJALの解雇」と題して、厚生労働省内で記者会見を行いました。

 10年前の大晦日、日本航空(JAL)は病気による休職や年齢を根拠に客室乗務員84人、パイロット81人を解雇しました。おりしも解雇予告通知が郵送されたのは12月9日でした。

 会見には原告の代表ら9人が参加。経過と現状を報告しました。乗員(パイロット)原告団の山口宏弥団長は「JALは私の入社以来、事故で731人の犠牲者を出した。安全第一に声を上げる労働者を解雇した」と批判。「この争議の解決はコロナ禍で雇用を心配する労働者への励ましになる」と発言しました。

 一方で年齢制限により航空機運航ライセンスが再取得できない原告に対して、金銭解決などの誠意を見せる必要を訴えました。

 客室乗務員原告団の内田妙子団長は「30歳定年制や結婚退職などの条件を変え、女性が生活を確立できるように労働組合で働きかけてきた」として、働き続けられるための先進的取り組みを紹介。国際労働機関(ILO)への働きかけについても言及し、未解決は世界の非常識であることを浮き彫りにしました。

 JALは組合員への賃金差別の後、ベテランの職員を解雇し職場に戻さない一方で新規に大量採用を行っています。技術などの継承や安全を軽視することは許されないとの声が広がっています。

(東京民報2020年12月20日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  日本共産党の清水とし子都議は9月29日の都議会一般質問で、東京の農業と農地を守り発展させるための…
  2.  都議会本会議で小池百合子知事の所信表明に対する代表質問が9月28日、一般質問が29日に行われ、都…
  3. 国会前で国葬に抗議の声を上げる人々=9月27日、千代田区  岸田文雄政権が安倍晋三元首相の…
  4.  品川区長選(立候補6人)は2日、投開票されたものの、6人の候補者がいずれも法定得票数(有効投票総…
  5. 小金井市 市長専決に抗議声明 小金井市の西岡真一郎市長は9月29日、市立保育園3園を廃園にす…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る