衆院議員リレーレポート 宮本 徹 責任放棄の政治と「勝負の3週間」〈12月13日号より〉

 感染が急激に広がり、医療が逼迫ひっぱくするなか、短期集中で、可及的速やかに、感染を減少方向にするための「勝負の3週間」。

 感染拡大防止のために、政治に求められることは、科学的知見を生かすこと、そして、感染拡大防止の取り組みで影響を受ける事業者の営業、国民の雇用、暮らしを支え抜く手立てをとることです。

久米川駅前でのトークイベントで=東村山市

 ところが、菅政権の取り組みは、どちらもきわめて不十分です。感染拡大地域とそれ以外の地域のひとの移動を抑制するために、専門家の分科会が感染拡大地域での「GOTO」一時停止の英断を繰り返し求めても、どこ吹く風。感染拡大防止よりも全国旅行業会会長をつとめ、菅さんを首相にする後ろ盾となった二階俊博幹事長への配慮を優先。とても、コロナ対策をまかせるわけにはいきません。

 飲食店のみなさんも、40万円の協力金では焼け石に水という悲鳴の声があがっています。国会では、大企業に分類される飲食チェーン店で非正規で働いていたシングルマザーが、休業手当が支払われず生活に窮する現状を訴え、国の休業支援金の対象を大企業にも拡大すべきと求めましたが、首を横にふるばかりです。自助を求めるのは政治の責任放棄です。

 一方、臨時国会では、当事者や労組のみなさんと働きかける中、中小企業で働いてきた方が受け取れる休業支援金の要件が、緩和されました。コロナでアルバイトやパートなどのシフトが減った方、ぜひ、ご活用ください。また、周りに該当する方がいればおすすめください。(日本共産党衆院議員)

(東京民報2020年12月13日号より)

関連記事

最近の記事

  1. 決意を語る周東氏  狛江市長選(6月19日告示、26日投票)で、日本共産党も参加する「豊かな…
  2. 文京区 高騰受け給食費補助  文京区教育委員会は17日、小麦粉や油などの食材費値上がりを受け…
  3. 1週間の状況と、人口10万人当たり増加数(東京都発表データをもとに、東京民報作成) …
  4.  中野区長選が23日開票(22日投票)され、無所属で現職の酒井直人氏(50)=日本共産党、…
  5. 1面2面3面4面 【1面】 政治動かす「欠かせぬ議席」 共産党「比例百万で山添再選必ず」…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る