実効性ある感染防止策に 共産党都議団が緊急要請〈1月10日号より〉

 政府の緊急事態宣言の発令検討を受けて日本共産党都議団は5日、このままでは実効性のある感染症対策にならないとして、小池百合子都知事に対し、自粛要請は十分な補償と一体で行うことを都として原則にすることなど、対策の抜本的強化を申し入れました。

 自粛要請は徹底した補償と一体で行わなければ、都民の暮らしと事業者などの営業に深刻な影響を与え、実効性を担保することもできないと強調。また感染症対策の基本は検査・追跡だが、都として戦略が明確になっていないと指摘。ところが知事は、4日の記者会見で補償はおろか新たな協力金についても示さず、検査の拡充についても触れなかったとのべ、「これでは都民の命と暮らしを守ることはできない」と批判しています。

 その上で「これまでの取り組みを真摯に検証し、今後の対策に反映する姿勢が必要だとして、13項目の申し入れを緊急に行いました。

 主な内容は▽8~11日の午後8時までの新たな時短要請協力金は、現在の協力金とは別に支給する▽時短営業、外出自粛、イベント自粛などで直接・間接に影響を受ける全ての中小企業・小規模事業者への財政的支援▽国に持続化給付金の再給付、家賃支援給付金の延長を求める▽検査戦略を明確にし、早急に具体化する。

(東京民報2021年1月10日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  2. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  3.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  4.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…
  5. 京王電鉄に要請内容を伝える参加者=11月18 日、多摩市 日本共産党の吉良よし子参院議員と米…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る