独法化 中止し都立・公社守れ 都議会に向け署名行動〈1月31日号より〉

 都立病院の充実を求める連絡会は25日、「都立・公社病院の地方独立行政法人化を中止し、医療サービスの充実を求める請願」の署名行動を、都立大塚病院(豊島区)の前で行いました。東京都は2019年12月に都立8病院と公社6病院を、採算優先で地方独立行政法人化(独法化)する方針を発表。そのための準備を、コロナ禍でも進めています。

 都立・公社病院は新型コロナウイルス感染者を真っ先に受け入れ、治療に奮闘しています。都の直営から切り離す独法化を強行すれば、医師や看護師などの人件費が削られ、患者の負担額は増額。さらに採算性の確保が難しい医療は提供できなくなり、医療の後退につながると危惧されています。

「都立・公社病院を守ろう」と訴える参加者ら=25日、豊島区

 同会は昨年11月、独法化中止を訴える要望書を小池知事に提出。現在2月に開かれる第1回都議会定例会に向け、都議会議長に提出する請願署名を集めています。

 家族の付き添いで病院を訪れた女性(59)は「今はコロナで大変なのに、病院のシステムがどう変わるのか不安。都民の意見を聞くべき」と訴えました。

 大塚病院を都立のままで存続・充実させる会事務局の女性は「都は都民の健康と命は自分で守ればいいと思っている。腹立たしい」と強調。都立大塚病院の存続を求める会の事務局長は「署名の目標は3000人。現在約1400人なので、達成まで続ける」と意気込みを述べました。

(東京民報2021年1月31日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る