「医療は限界 五輪むり!」高まる五輪中止の声

新型コロナの感染拡大で医療ひっ迫に直面する中、今夏の東京五輪・パラリンピックの中止を求める声が急速に広がっています。

 「医療は限界 五輪やめて!」「もうカンベン オリンピックむり」。病院の2・3階の窓に、こう張り出された写真が、最寄りの病院の叫び」として紹介したツイッター(短文投稿サイト)に共感を示す「いいね」は20万回超(10日現在)、記事を共有するリツイートは6万回(同)を超えています。

立川相互病院の窓に張られた「医療は限界 五輪やめて!」の張り紙=立川市

 写真の病院は立川相互病院(立川市、民医連加盟)で、張り紙は4月30日から掲示。同病院は昨年4月から新型コロナ患者を受け入れ、テレビのニュース番組などでも、たびたび紹介されています。今年4月までに242人の患者を受け入れました。5つある一般病棟(各47床)のうち一つを改修し、ICU(集中治療棟)、HCU(準集中治療棟)のうち3床を新型コロナ重症者用に使っています。

医療現場の声が届いて

 高橋雅哉院長はメッセージを張り出した思いについて、文書で取材に応じました。病院の窮状に加え、オリンピックの開催でコロナ感染拡大が懸念される中、さらに突然の五輪への看護師や医師の派遣要請などを報道で知り、「病院としてメッセージを表明する必要を感じた」と言います。さらに、選手や関係者の努力を考えると非常に苦しいが、「現実的に感染拡大の可能性のあるオリンピックの開催には反対せざるを得ません」と、胸の内を吐露しています。

 写真を投稿した「なと」さんは、「この医療従事者たちの声が少しでも届きますように」との願いも添えています。この投稿には「医療は本当にひっ迫してます。正直オリンピックどころじゃないです」など、共感を示す多くの返信も寄せられています。

「五輪中止を」ネット署名5日間で30万人超す

 弁護士の宇都宮健児氏が5日正午からオンライン署名サイト「change.org」上で呼びかけた五輪大会中止をIOC(国際オリンピック委員会)とIPC(国際パラリンピック委員会)、国、都、組織委員会に求める署名には、10日午後3時までに31万6000人を超える賛同が寄せられています。

 宇都宮氏は「新型コロナにより、多くの人々が生命を脅かされ、経済的にも困窮を強いられている中、五輪中止判断の遅れによって国民の負担はさらに増している」と指摘。「今夏開催中止を即刻決断し、五輪中止によって利用可能になった各資源を、新型コロナウィルスの感染拡大を防ぎ、人々の命と暮らしを守るために向けることを強く求めます」と訴えています。署名は英語版も作成され、海外メディアにも注目されています。

世論調査6割が中止

 読売新聞が7~9日に実施した全国世論調査では、今夏の東京五輪について「中止する」59%で最も多く、「開催する」は39%。緊急事態宣言の対象となる6都府県に限ると「中止する」の平均が64%でした。

 また共同通信が4月に行った世論調査では、「中止する」は39・7%で最多、「再延期する」25・7%とあわせると65%が今夏開催に反対でした。一方、「開催する」は28・9%でした。

【東京民報2021年5月16日号より】

関連記事

最近の記事

  1. 1面2面3面4面 【1面】 都知事選 土台築いた「共闘」さらに 市民と野党が合同会議(2…
  2.  都知事選(7月7日投開票)では、駅前や人が集まる場所で、一人や少人数でプラカードを持ち、訴える「…
  3.  公職選挙法の前身となる普通選挙法は、1925年に制定されました▼納税額の要件をなくし、25歳以上…
  4. 累計の署名数を示すパネルを持ち記念撮影する参加者=11日、千代田区  被爆者や文化人、宗教者…
  5.  JR昭島駅の北側に広がる緑豊かなゴルフ場跡地に、中国資本の大手物流不動産デベロッパー「日本GLP…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る