羽田空港新ルート 住民の安全取り戻す 都議会 見直し求め超党派で議連

 羽田空港の新飛行ルート見直しのための都議会議員連盟の結成総会が14日、開かれました。参加したのは日本共産党、立憲民主党、生活者ネットの超党派の都議24氏。都心上空を超低空飛行で離着陸する羽田空港の新飛行ルートの見直しのため、情報共有や政策などを検討していくとしています。

会見に臨む(左から)星見てい子、白石、西沢、山内、とや、米倉春奈の各都議=14日、都庁

 総会では、会長に西沢けいた(立憲)、会長代行に山内れい子(ネット)、事務局長に白石たみお(共産)の各都議を決めました。

 総会後の記者会見で西沢会長が議連の目的について「新飛行ルートを見直し、住民の安全と静穏な生活を保障する方式に変更すること」だと紹介。「都議選も控えているが、その後の都議会でも問われることになる。都議選中も含め様々な発信をしていく」とのべました。

 白石事務局長が、「飛行ルート直下に落下物の事故があれば、都民の命にかかわる。命の問題として、議連結成に向けて話し合われてきた」と、経過を説明。今後の活動について、情報共有や都議会の中での勉強会、政策提言などをあげ、「都議選後の都議会で活動を本格的にスタートさせる。議連をさらに多数派にもっていけるようにしたい」と抱負をのべました。また記者からの質問に答え、都議選での争点にもなるとの考えを示しました。

 山内会長代行は「重大事故が起きてからでは取り返しがつかないし、東京全体の問題として取り組まなければならない。地元の理解を得てから進めるという国の約束からも外れている」と語りました。

【東京民報2021年6月20日号より】

関連記事

最近の記事

  1. 1面2面3面4面 【1面】 都知事選 土台築いた「共闘」さらに 市民と野党が合同会議(2…
  2.  都知事選(7月7日投開票)では、駅前や人が集まる場所で、一人や少人数でプラカードを持ち、訴える「…
  3.  公職選挙法の前身となる普通選挙法は、1925年に制定されました▼納税額の要件をなくし、25歳以上…
  4. 累計の署名数を示すパネルを持ち記念撮影する参加者=11日、千代田区  被爆者や文化人、宗教者…
  5.  JR昭島駅の北側に広がる緑豊かなゴルフ場跡地に、中国資本の大手物流不動産デベロッパー「日本GLP…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る