都議選が告示

五輪開催の可否、コロナ対策、都民の暮らし・営業巡り論戦 共産党「五輪は中止し、コロナ対策に全力集中を」

都議選第一声で聴衆の声援に応える(左から)大山とも子都議候補、志位委員長、宇都宮氏=月25日、新宿区一声

 都議選が6月25日告示(7月4日投票)されました。日本共産党は新宿駅西口で志位和夫委員長が大山とも子都議候補とともに第一声をあげました。宇都宮健児氏(元・日弁連会長)が応援に駆けつけ、「共産党の躍進が五輪中止の大きな力になる。都政、国政を変えるためにも共産党躍進、大山都議を再び都議会に」と訴えました。

関連記事

最近の記事

  1. 「気候危機はいのちの問題」とマーチでアピールする参加者=9月23日、渋谷区  「進み続ける気…
  2. 厚労省の担当者に要望書を手渡す保団連住江憲勇会長(右から2人目)と役員=9月22 日、千代田区(写…
  3.  敬老の日の9月15日時点の東京都の高齢者(65歳以上)人口が312万人となり、前年比で2000人…
  4. 倉林氏(中央)に署名を手渡す参加者=9月21日、千代田区  75歳以上の高齢者への医療費窓口…
  5. 「私事ではなく、後に続く人のためにも必ず逆転勝利を」と訴える岩崎さん=9月24日、狛江市 「…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る