宇都宮氏(日弁連元会長)が応援 共産党躍進は五輪中止の力

 日本弁護士連合会の元会長で、五輪中止署名(6月28日現在、賛同約43万4000人)発起人の宇都宮健児氏が共産党躍進を呼びかけています。新宿駅西口の大山とも子候補(現)の第一声(6月25日)に駆けつけた宇都宮氏は「日本共産党躍進は、五輪中止の大きな力になると確信している。都議会野党第一党の共産党を大きく前進させて五輪を中止に追い込もう」と呼びかけました。

共産党躍進を呼びかける宇都宮氏=6月25日、新宿区

 宇都宮氏はまた、都ファ、自民、公明で4分の3を占める今の都議会では、都民の命、暮らしを守る視点から小池都政のチェックはできないと指摘。「都議会を変えるためには立憲野党、とりわけ日本共産党の躍進は不可欠だ」と強調。

 「早くから五輪中止を打ち出した共産党の先見性に敬意を払う」とものべ、昨年の都知事選で候補者として自ら掲げた、医療体制の充実、徹底した補償、都立・公社病院の独立行政法人化やカジノ計画の中止の政策を託せるのは日本共産党だと力説しました。

【東京民報2021年7月4日号より】

関連記事

最近の記事

  1.  中野区長選が23日開票(22日投票)され、無所属で現職の酒井直人氏(50)=日本共産党、…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 政治動かす「欠かせぬ議席」 共産党「比例百万で山添再選必ず」…
  3. アクセス数、記事トップ10 ① 「住民追い出す道路やめて」 品川区 29号線裁判が弁論終結 …
  4.  「尋問は有害」―国を相手取った裁判の証人の候補の一人に、国側が投げかけた言葉としては、かなり異例…
  5. 平和祈念館 すすめる会が記者会見  東京空襲の犠牲者を悼み、都民の戦争体験を後世に継承する「…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る