コロナ感染者 五輪開催から2.9倍 感染爆発 専門家「災害レベル」〈2021年8月22日号〉

 新型コロナウイルスが急拡大するなか、反対の声を無視して強行された東京オリンピックが11日閉会しました。菅義偉首相も小池百合子知事も、「安心・安全の大会を実現していく」と繰り返してきましたが、都内の新規感染者数(直近7日間平均)は、開会した7月日の週から 5.8倍に爆発的に拡大。「災害レベルで感染が猛威を振るう非常事態」(都モニタリング会議)です。

 東京五輪が閉会した11日から15日まで、新たに判明した1日の感染者数は5日連続で4000人を超え、13日は過去最多の5773人でした。五輪関係者の感染も累計で553人(13日まで)にのぼっています。

3万5千人が自宅に

多羅尾光睦副知事に申し入れ書を手渡す藤田りょうこ都議ら=8月6日、都庁

 15日現在、入院中の患者は1週間で224人増の3749人で、そのうち重症者は94人増えて251人、ホテルなどの宿泊療養は逆に1週間で344人減って1525人。一方、自宅療養は3900人増の2万1256人、入院・療養先が決まらない調整中の患者は670増えて1万3995人で、合わせると約3万5000人の患者が入院も宿泊療養もできないでいます。亡くなった人は1週間で21人、累計で2335人です。

 12日の都モニタリング会議では専門家が、「かつてないほどの速度で感染拡大が進み、新規陽性者数が急増しており、制御不能な状況だ。災害レベルで感染が猛威を振るう非常事態」だと、これまでにない強い危機感を示しました。

 また、医療提供体制について「深刻な機能不全に陥っている医療提供体制がさらに圧迫され、救うべき命が守れなくなる。この危機感を現実のものとして皆で共有する必要がある」と強調しています。

 実際、容態が急変して救急車を呼んでも入院できなかったり、自宅療養中に亡くなる深刻な事態も生まれています。

〈東京民報2021年8月22日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る