共産党都議団 混乱の若者接種で申し入れ ネットで申し込みに〈9月5日号より〉

 東京都が8月27日に開設した、予約なしで新型コロナワクチンを接種できる東京都若者ワクチン接種センターで、殺到した申込者で混雑や混乱が起きた問題で、日本共産党都議団は8月30日、小池百合子知事あてに実施方法の改善などを申し入れました。

 ▽国へのワクチンの安定的な供給の要請など、希望する人が安全・迅速にワクチン接種を受けられる環境を整えるための取り組みを強化する▽現地で抽選券を配る方式はやめ、ウェブで申し込む方式に変更する▽若者対象の「ワクチン接種促進キャンペーン事業」予算10億円は執行しない―ことを求めました。

 応対した福祉保健局の雲田孝司次長は、「極力早く皆さんに打てるように頑張っていきたい」と述べました。

 また共産党都議団は同日、「デルタ株による事態急変から子どもたちの安全と学びを保障するた
めの緊急申し入れ」を行いました。

〈2021年9月5日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  日本共産党の清水とし子都議は9月29日の都議会一般質問で、東京の農業と農地を守り発展させるための…
  2.  都議会本会議で小池百合子知事の所信表明に対する代表質問が9月28日、一般質問が29日に行われ、都…
  3. 国会前で国葬に抗議の声を上げる人々=9月27日、千代田区  岸田文雄政権が安倍晋三元首相の…
  4.  品川区長選(立候補6人)は2日、投開票されたものの、6人の候補者がいずれも法定得票数(有効投票総…
  5. 小金井市 市長専決に抗議声明 小金井市の西岡真一郎市長は9月29日、市立保育園3園を廃園にす…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る